Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

軍記物【グンキモノ】

デジタル大辞泉

ぐんき‐もの【軍記物】
江戸時代に出た小説の一種。戦争・合戦を題材に、事実と空想をまじえて書いたもの。絵本太閤記など。
軍記物語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐんきもの【軍記物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ぐんき‐もの【軍記物】
〘名〙 文芸作品などのうち、いくさを主要な題材とし、武士の活躍を描写したものの総称。
① 江戸時代に作られた小説の一つ。いくさを材料として、興味をひくように事実と空想を混じえて書かれたもの。「絵本太閤記」「通俗三国志」の類。軍談。
※平凡(1907)〈二葉亭四迷〉三六「国に居る時分から軍記物や仇討物は耽読してゐたが」
※国文学史十講(1899)〈芳賀矢一〉六「是等の軍記物は異本が種々あって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍記物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軍記物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.