Rakuten infoseek

辞書

軍楽【ぐんがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

軍楽
ぐんがく
military music
軍隊で士気鼓舞式典のために演奏される音楽。起源は古く,前6世紀頃にギリシア軍突撃の際,勇壮な軍楽を演奏して兵士の士気を舞したといわれる。近世に入ると次第に儀礼,観閲式,または慰安に使われるようになった。行進曲はその代表的なもの。楽団編成管楽器を中心に打楽器を加え,民俗楽器や弦楽器を用いることもある。近世の吹奏楽による軍楽隊は,フランス王ルイ 14世が 17世紀中期に,J.リュリに創設させたのが初期の例。日本では明治2 (1869) 年に,薩摩藩が横浜に藩士 30人を送ってイギリス人から軍楽の伝習を受けたのが初めである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぐん‐がく【軍楽】
軍隊で、士気を奮いたたせるためや式典などで奏される音楽。管楽器に打楽器を加えた編成のものが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぐんがく【軍楽】
軍隊の士気をふるいたたせるために演奏する音楽。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐん‐がく【軍楽】
〘名〙 軍隊で、士気を鼓舞するためや、式典などの際に演奏する音楽。また、その楽曲。
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉波濤「かく記しつつある時、旗艦盛に軍楽(クンガク)を奏するをきく」 〔後漢書注‐礼儀志・朝会〕
[語誌]「平家‐一一」に「平家みかた勝ぬとて、しきりにせめ鼓うって」とあるように、日本でも古くから、兵士の士気の鼓舞や、通信を目的として、鼓などの楽器を持つことがあった。しかし、「軍楽」と呼ばれるようになったのは、幕末に幕府や諸藩に西洋式軍制が導入されて以降のことで、明治四年(一八七一)、陸・海軍設立時に、それぞれに軍楽隊を置いたことにより、日本の近代的な軍楽が確立していった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軍楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.