Rakuten infoseek

辞書

軍人恩給【ぐんじんおんきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

軍人恩給
ぐんじんおんきゅう
military pension
戦時,軍隊に勤務した除隊者に対する恩給。ヨーロッパでは,古代ギリシア・ローマ時代から,アメリカでは植民地時代から軍隊に勤務した除隊者には土地,金銭などが与えられる恩給制度があった。軍人恩給制度を最も早く設けたのはアメリカで,1789年である。今日ではほとんどの国がこの制度を採用している。日本では 1875年に設けられ,1946年にいったん廃止されたが,旧軍人の恩給復活要求は講和発効とともに活発化し,政府も占領政策見直しの一環としてこの問題に取組んだ。 1953年1月,まず 500億円の軍人恩給予算を計上,同年の通常国会に恩給法改正案を提出,8月1日同改正法を公布し,軍人恩給が復活するにいたった。その内容には,普通恩給 (本人に対する給付) および扶助料 (旧軍人等普通恩給受給資格者の遺族に対する給付) のほかに,軍属準軍属ならびにその遺族や戦傷病者を対象とする「戦傷病者,戦没者遺族等援護法」に基づく給付がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

軍人恩給
国は制度の趣旨を、をささげて国に尽くした人を処遇するためとしている。戦後一時廃止されたが、1953年に復活。対象は下士官が12年以上、准士官以上が13年以上の在職者。激戦地や特殊勤務の場合、最大で1カ月が4カ月に計算される。普通恩給の最低保障額は年57万~113万円ほど。遺族にも近い額が引き継がれる。総務省によると、遺族を含む受給者は3月末で84万8千人。拒否者は珍しいとみられる。
(2010-12-11 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

ぐんじんおんきゅう【軍人恩給】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぐんじんおんきゅう【軍人恩給】
旧軍人・旧準軍人・旧軍属とそれらの遺族に、恩給法により支給される恩給。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐんじん‐おんきゅう ‥オンキフ【軍人恩給】
〘名〙 現役を離れ、もしくは戦争で死傷した陸海軍人・軍属またはその遺族に支給された恩給。普通恩給、増加恩給、傷病年金、一時恩給、傷病賜金、扶助料、一時扶助料などがあった。第二次大戦後廃止または制限されていたが、昭和二八年(一九五三)の恩給法改正に基づいて、かつて軍人や軍属であった者、またはその遺族に支給されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍人恩給」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軍人恩給の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.