Rakuten infoseek

辞書

身替座禅【みがわりざぜん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

身替座禅
みがわりざぜん
歌舞伎舞踊曲。常磐津長唄掛合新古演劇十種の一つ。 1910年東京市村座,6世尾上菊五郎,7世坂東三津五郎初演。岡村柿紅作,7世岸沢式佐,5世杵屋巳太郎作曲。狂言秘曲『花子』に基づく松羽目物二上り太郎冠者身替りの座禅をさせて,愛人の花子に会いに行った山陰右京は,事を知り堂の中で衾 (ふすま。夜着) をかぶって待つ奥方玉の井のもとへ,うかうかと戻ってきて追いかけられる。古今東西に通じる浮気をテーマに,現在も上演頻度は高く,海外公演の演目となることも多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みがわりざぜん〔みがはりザゼン〕【身替座禅】
歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)・長唄。新古演劇十種の一。岡村柿紅(おかむらしこう)作詞、7世岸沢式佐・5世杵屋巳太郎(きねやみたろう)作曲。明治43年(1910)東京市村座初演。狂言「花子」を舞踊化した松羽目(まつばめ)物。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みがわりざぜん【身替座禅】
歌舞伎舞踊。常磐津と長唄の掛合。〈新古演劇十種〉の一つ。1910年3月東京市村座初演。作詞岡村柿紅。作曲6世岸沢古式部と5世杵屋巳太郎。演者は山蔭右京を6世尾上菊五郎,奥方玉の井を7世坂東三津五郎,太郎冠者を初世中村吉右衛門。狂言の大曲《花子(はなご)》に取材した松羽目物。太郎冠者が主人の身替りとなり浮気を援助したが見破られ,奥方に夫がやり込められる滑稽舞踊。【目代 清】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みがわりざぜん【身替座禅】
歌舞伎舞踊の一。新古演劇十種の一。常磐津ときわず・長唄。岡村柿紅作詞。1910年(明治43)東京市村座初演。狂言の「花子」を歌舞伎舞踊化した松羽目まつばめ物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

身替座禅
みがわりざぜん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

身替座禅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

身替座禅の関連情報

他サービスで検索

「身替座禅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.