Rakuten infoseek

辞書

身共【ミドモ】

デジタル大辞泉

み‐ども【身共】
[代]一人称の人代名詞。われ。わたし。対等、またはそれ以下の者に対して改まった感じで用いる。
「―がよい所へやってしんぜう」〈虎清狂・猿座頭

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

みども【身共】
一人称。同輩またはそれ以下に対して用いる。おれ。われ。 おぬしは-をなぶるか/狂言・悪太郎 本来男子の用語であるが、時に女子も用いることがある。近世には主として武士の用語であるが、時に町人も用いた

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

み‐ども【身共】
〘代名〙 (自称代名詞の「み(身)」に接尾語「ども」が付いたもの。「ども」が付いても単数として使われる) 自称。目下に対する尊大な言い方「身(み)」に比べ、同輩または目下の者に対してあらたまった感じで用いる。本来男子の用語であるが、女子も用いた。
(イ) 男子が用いる場合。本来武士階級の用語であるが、町人も用いた。
※謡曲・夜討曾我(1480頃)「みどもは手足が震うてならぬほどに、近頃慮外なれども帯をしてくれさしめ」
(ロ) 女子が用いる場合。男っぽい、乱暴な感じで用いた。
※虎明本狂言・乳切木(室町末‐近世初)「某一人はなるまひほどに、おんでもなひ事身共もゆく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

身共」の用語解説はコトバンクが提供しています。

身共の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.