Rakuten infoseek

辞書

身代【シンダイ】

デジタル大辞泉

しん‐だい【身代】
《「進退」から転じた語か》
一身に属する財産。資産。身上(しんしょう)。「身代を築く」「身代を持ち崩す」
暮らし向き。生計。身の上。
「―ぼろぼろになり、裏町のかなしきすまひ」〈ひとりね・上〉
身分。地位。
「村芝与十郎といへる舟改め、―は軽けれども」〈浮・伝来記・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんだい【身代】
〈みのしろ〉ともいう。鎌倉時代,借銭借米の質となり,年貢や公事の未進の代償となった人をいう。身代として流されたり,とられたりした人間は下人(げにん)となり代価分だけ一定期間使役されたが,ときには相伝の下人と同様に一生使役されることもあった。いわば債務奴隷となるのである。その源流を尋ねると,律令制下において出挙(すいこ)の未進に際し,人身労役によって返済させたことがあげられる。また平安時代には官物年貢の未進があると,〈召籠め〉といって人身が拘束されたことがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

みのしろ【身代】
(1)債務の担保として質物とされた人。たとえば,1253年(建長5)の鎌倉幕府の追加法は,〈土民の身代を取り流す事〉として,土民(百姓)が年貢公事を拒否するとき,これを強制するため〈身代〉をとることは定法であるが,わずかの未進でこの身代(人質)を流すことを禁じている。(2)人身売買の代価をいう。御伽草子謡曲など室町時代文学には人売買に関する哀話が少なくないが,これらのなかに身を売った代金として〈身代〉の語がみられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんだい【身代】
進退
から出た語で、身代はあて字
個人の所有する財産。身上しんしよう -を潰す -を築く
暮らし向き。生計。 われらがやうなる藪医師やぶくすしには、-のよい者は脈をとらせもいたさぬ/狂言・神鳴

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐だい【身代】
〘名〙 (「進退」の転じたものか。「身躰」「身袋」などとも書く)
① 個人、または一家が有する、すべての財産。その身が持つ土地・家屋・財宝その他の資産全部。全財産。身上(しんしょう)
※浮世草子・日本永代蔵(1688)二「金銀も有所には、瓦石のごとし。身袋(シンダイ)程高下の有物はなし」
② 財産を有している状態。個人または一家の財政状態。生計。暮らしむき。身上。
※虎明本狂言・神鳴(室町末‐近世初)「われらが様なるやぶぐすしには、しんだいのよひものはみゃくをとらせもいたさぬ」
③ 財産・俸祿などを所有する立場。身分。地位。境遇。身上。
※仮名草子・身の鏡(1659)下「貧賤はまた美麗をのぞき、身躰(シンダイ)の以来つづくべき思案をする。是を身の程を知たると云べし」
[語誌](1)現在、一般に「身代」の表記が用いられているが、この表記の定着は必ずしも古いものではなく、近世には「身袋」「身体」などの表記も見られる。
(2)語源とされている「進退」の字音は本来シンタイであるが、中世には連濁によって「シンダイ」と転じる。意味も、本来の進むことと退くこと、また立ち居振舞、自分の身の処し方などから、自分の思うままに土地や人間を扱うの意が派生し、そこから財産の意をも表わすようになる。表記としては、字義から身に属する財産を連想させる「身袋」「身体」「身代」などが使用されるようになったものか。
(3)「和英語林集成(初版)」以下明治時代の辞書類では、見出しに「身代」の字を当てるものが多く、これが現在に続いている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐の‐しろ【身代】
〘名〙
① 人身売買の代金。身を売った代金。みのしろきん。
※近衛家本式目追加条々‐建長五年(1253)一〇月一日「右、対捍有限所当公事之時、為其辨、令身代之条定法也」
② 人質。
※相良家文書‐建長元年(1249)七月一三日・関東下知状「為身代女壱人畢」
③ 人と引きかえに受け渡す金品。
④ 給金。
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)二「『それ、当座の身の代(しロ)』と切手を放る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

身代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

身代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.