Rakuten infoseek

辞書

踏(み)台【フミダイ】

デジタル大辞泉

ふみ‐だい【踏(み)台】
高い所の物を取ったり、高い所に上るために足場とする台。足つぎ。踏みつぎ。
ある目的のための足がかりとして利用すること。「同僚を出世の踏み台にする」
不正アクセスの中継点として悪用されるコンピューター遠隔操作ウイルスに感染したり、バックドアが設けられたりして、悪意ある第三者に外部からインターネット経由で遠隔操作されるコンピューターを指す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

踏台
古典落語の演目ひとつ。「踏台筋」とも。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふみ‐だい【踏台】
〘名〙
① 足場にする台。高い所の物を取ったり、高い所に上がったりするときに用いる足つぎの台。足つぎ。ふみつぎ。
※俳諧・みとせ草(1697)「屏風ひらいて太子伝説〈湖月〉 踏台を割ればきゃらなり蔵さがし〈荷月〉」
② (比喩的に用いて) 目的達成のために一時的に利用するもの。足がかり。こしかけ。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「今の世の中はむかしの事を踏台(フミダイ)にして段々その上へその上へと登って往くかたち」
③ 物を回転させたり動かしたりする動力源として繰り返し踏み続ける板。ペダル。
※子を貸し屋(1923)〈宇野浩二〉一「ガラガラとミシンの踏み台をふみながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

踏(み)台」の用語解説はコトバンクが提供しています。

踏(み)台の関連情報

他サービスで検索

「踏(み)台」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.