Rakuten infoseek

辞書

【ろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典



lu
中国,代の地方行政区画名。の跡を受継ぎ,宋の統一とともに太平興国年間 (976~983) にほぼ全国に及んだ。至道年間 (995~997) に 15路制が定められ,その財務行政を司る転運使が次第に路の実権を握り,地方最高の行政区画となった。元豊1 (1078) 年には 23路に増設南宋ではだいたい 16路,金も宋にならい 19路をおいた。このほか宋では,北西辺の軍事上の路として河北4路,陝西6路があり,長官として経略安撫使がおかれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ〔ぢ〕【路/道】
[語素]《「ち(道)」の濁音化》
地名を表す語の下に付いて、その地方への、また、その地方を通過する道という意を表す。「北陸―」「大和―」
日数を表す語の下に付いて、それだけかかる道のりという意を表す。「二日―」
十年を区切りとする年齢を示す。…十代。「四十―(よそじ)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち【路/道】
みち。道路。
「大坂に遇ふや嬢子(をとめ)を道問へば直(ただ)には告(の)らず当芸麻(たぎま)―を告る」〈・下・歌謡〉
[補説]地名の下に付くときは、「あづまぢ」「しなのぢ」のように、多く連濁で「ぢ」となる。→じ(路)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろ【路】[漢字項目]
[音](漢) [訓] みち
学習漢字]3年
〈ロ〉
通り道。道筋。「路地路上路線路傍路面隘路(あいろ)悪路往路回路街路岐路空路経路行路航路進路水路線路通路道路遍路迷路陸路
旅行。「路銀路程路用
筋道。「活路語路世路販路末路理路
重要な地位。「当路要路
〈じ〉「東路(あずまじ)家路小路(こうじ)旅路夢路
[名のり]のり・ゆく

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

森村誠一の長編推理小説。1995年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろ【路 lù】
中国,宋代の監督,元代の行政区画名。宋は国初,唐の(どう)を継承したが,2代太宗のときに路と改称し,行・財政,警察,軍事などの監督区分とした。それぞれの長官を転運使,提点刑獄,経略安撫使などと呼ぶ。最初全国を15路に分け,11世紀末には23路となったが,南宋は15~17路であった。なお北宋時代契丹,西夏と接する河北,陝西には別に軍事路という区分も設けられた。元は行省の下に中間行政区画として200の路を置き,これが明・清の前身となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じ【路】
みちの意のの連濁音化
名詞の下に付いて、そこを通る道、そこへ至る道などの意を表す。また、その地方の意を表す。 山- 大和- 家-
日数を表す語の下に付いて、その日数だけかかる道のりであることを表す。 三日-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.