Rakuten infoseek

辞書

足袋【たび】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足袋
たび
和服用のはきもので,下駄や草履をはくため,内甲 (親指側) と外甲 (他の4本指の側) に股が分かれ,2~5枚のこはぜで留める。普通ブロードクロス繻子別珍でつくられる。色は白無地が原則で,紺,黒は男性用,色物は女性用,子供用に多い。底は雲斎織で,特にじょうぶなものを石底という。大きさは寛永通宝一文銭の直径 (約 2.4cm) の倍数ではかられて何文といわれ,その端数を三分,半,七分に分けている。古くは,シカやサルなどの皮で作ったことから「単皮」という文字をあてたが,この頃は,指先が分れておらず, (しとうず) と同じ形態であった。 13世紀武家故実の成立とともに,足袋をはく時期が 10月から2月までと規定されただけでなく,はく際には主君の許可を要し (足袋御免) ,この傾向は江戸時代まで続いた。それにひきかえ町人は自由であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たび【足袋/単皮】
主として和装のときに、足にはく袋状の履き物。甲と底との部分からなり親指だけが別に分かれ、現在では鞐(こはぜ)留めになっている。キャラコ別珍などで作り、古くは革製のものもあった。防寒・礼装に用いる。 冬》「―はいて寝る夜ものうき夢見かな/蕪村

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たび【足袋】
保温や装いを整えるために用いる指股のある靴下状の和装用はきもの。《和名抄》には野人がはく鹿革の半靴(ほうか)を単皮(たんぴ)としているが,平安時代(しとうず)を前身とする説もある。いずれも指股のない靴下状であったが,平安末期ころの草履,草鞋(そうかい)などの前鼻緒のついたはきものが親指と4指を分ける必要性を生じさせた。初めは武士が用いたが,室町時代には貴賤男女とも革足袋をはいた。武家では燻革(ふすべがわ)の足袋は戦場のみに限るとか,10月1日から2月20日までの冬に限るという規定もできて民間にも影響を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

足袋
たび
和服を着るときに容儀上、保温上から足に履くもの。足袋の構造は甲と底とからなり、甲は先端で親指を入れる内甲(一つともいう)と他の4本の指を入れる外甲(四つ)に分かれ、足首まで包む。指股(また)があるのは、鼻緒のある履き物に都合よくつくられたものである。足首のところを留めるのに、一般には明治中ごろまでは紐(ひも)で結んでいたが、その後はこはぜ掛けのみとなった。こはぜは真鍮(しんちゅう)でつくられ、足首から上の筒の長さに応じて1~7枚つけられている。普通は3~4枚だが、舞踊用には5~7枚ついた筒長のものが適する。これは素肌が見えず、着物が短めに着られて裾(すそ)さばきがよいためである。こはぜ1枚ものは芝居の奴(やっこ)さんの紫繻子(しゅす)足袋にみられる。足袋の大きさは、足袋底の指の先からかかとの端までの長さを計って、文数で表す。文尺(もんぎじゃく)(文規尺)は寛永(かんえい)通宝の一文銭の直径を単位としてつくられ、1文は鯨(くじら)尺で6分4厘(2.42センチメートル)であり、端数は3分、5分(半(はん)という)、7分とした。最近は大きさをセンチメートルで表示している。
 足袋に用いられる表地の材料はキャラコが多く、ブロード、繻子、ナイロン、高級品として羽二重(はぶたえ)がある。礼装用には男女とも白が用いられる。普段用も女は白が普通であるが、昭和の初めごろまでは、汚れの目だたない色別珍(べっちん)が好まれた。男の日常用としては紺キャラコ、黒繻子が用いられる。おしゃれ用や芸能関係用には色足袋、柄(がら)(小紋、縞(しま))足袋がつくられている。裏地には平織木綿が一般的で、防寒向きとしてはネル地が使われる。足袋底は雲斎(うんさい)織(畦(うね)刺しを織り出した地の粗いじょうぶな綿布)の白または紺で、とくにじょうぶなものとして、昭和の初めまで石底(いしぞこ)織(厚地の粗(あら)くてじょうぶな綿織物)が用いられた。仕立ては袷(あわせ)が普通であるが、夏用の特殊なものとして、単(ひとえ)仕立てのものもつくられている。足袋は足にぴったりとあって、皺(しわ)、たるみがないのがよいとされる。
 現在は既製品が全盛で、足袋の産地としては埼玉県行田(ぎょうだ)市が代表的であるが、明治ごろまでは自家製もあり、足袋型を用いて裁断し、手作りしたのである。現在はわずかに残る老舗(しにせ)で、客の注文を受けて誂(あつら)え足袋を製造している。足袋に関するものに、汚れ防止や雨よけのカバー、防寒用としての足袋ソックスが、ナイロントリコット、ウーリーナイロン、毛糸または合繊パイル、ビニルなどでつくられて市販されている。[岡野和子]

歴史

足袋は古くは皮(革)でつくったところから「単皮」の文字をあてたといわれる。革は鹿(しか)革が多く使われ、形は今日の足袋のように、つまさきが二分されていない、襪(しとうず)の系統のものであった。なめし革の足袋は、初めは戦場や旅など野外で用いられたが、しだいに屋内で防寒に用いられるようになった。鎌倉時代の末になって、草履(ぞうり)や草鞋(わらじ)などに便利な、つまさきが二つに分かれた足袋が生まれた。『宗五大雙紙』によると、武家社会では足袋着用に関しての規制のできたことがわかる。足袋を履くことのできる期間は、10月1日から翌年の2月20日までとされ、50歳以上の者のみとした。若い者は病人であっても主君の許しを必要とし、これを足袋御免といった。この制度は1862年(文久2)の武家服制改革まで続いたのである。
 足袋に用いられた革は、南蛮貿易やオランダ貿易による舶来品である。女子は紫革、男子は白や小紋革が用いられた。足首から上の筒長の形で、革紐をつけて、これを結んで留めた。名古屋の徳川美術館には、徳川家康所用の白足袋が残されている。木綿足袋が普及したのは明暦(めいれき)の江戸大火(1657)後で、革不足と価格の急騰がきっかけとなった。天和(てんな)(1681~84)のころ、畦刺足袋といって、刺し縫いした足袋が流行し、貞享(じょうきょう)(1684~88)から元禄(げんろく)(1688~1704)にかけては絹、綸子(りんず)、絖(ぬめ)などのぜいたくなものや、白晒(さらし)、金巾(かなきん)、雲斎織など種々のものが流行した。また、このころ紐足袋にかわって、ボタン掛け、こはぜ掛けのものが現れた。享保(きょうほう)年間(1716~36)には将軍吉宗(よしむね)が鷹狩(たかがり)に紺の刺足袋を履いたことから、武士の間でこれに倣うものが出た。町人は白木綿のほか、黄、薄柿(うすがき)、ねずみ色なども用い、その後、紺や黒が多く履かれるようになった。
 江戸末期にみられた紋羽(もんぱ)足袋は、冬の防寒用で紋羽(綿ネル)を裏につけたもの。表裏とも共布を使ったものもある。吉原(よしわら)足袋は、遊廓(ゆうかく)に通う客が白足袋の汚れを防ぐために履いた紙製の足袋で、一夜足袋ともいう。花足袋は子供用のもので、茜(あかね)染め白抜きの紋羽でつくり、つまさきの割れていない紐足袋である。奈良足袋は表裏の間に真綿を入れて仕立てたもので、猿楽(さるがく)俳優などが用いた。農村では武家に倣って足袋御免の制を敷いている所もあったが、町人の足袋は束縛がなく、時代によって嗜好(しこう)の変化があった。[岡野和子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足袋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足袋の関連情報

他サービスで検索

「足袋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.