Rakuten infoseek

辞書

足尾銅山跡【あしおどうざんあと】

国指定史跡ガイド

あしおどうざんあと【足尾銅山跡】

栃木県日光市足尾町にある鉱山跡。指定名称は「足尾銅山通洞坑(つうどうこう) 宇都野火薬庫跡(うつのかやくこあと)」。採鉱・選鉱・製錬の一連の工程を示す施設のほか、生活・経営その他に関わる施設・遺構からなる。銅山の本格的な稼働は1610年(慶長15)からで、1648年(慶安1)からは幕府の御用銅山となった。のちに民間に払い下げられ、1877年(明治10)に古河市兵衛が買収して経営に着手。その後、本山坑を整備し、小滝坑、通洞坑を開口して銅山経営の基礎が固められ、19世紀終わりには国内生産の4割に達する大鉱山に成長した。一方、1890年(明治23)に渡良瀬(わたらせ)川の大洪水により下流域の農作物に被害を与えたことが契機となって鉱害問題が顕在化し、1896年(明治29)には鉱毒予防工事命令が出され、浄水場などが建設された。1988年(昭和63)には輸入鉱石による製錬も事実上操業を停止し、銅生産の歴史は幕を閉じたが、わが国の近代産業の発展および鉱害とその対策についての歴史を知るうえで重要である。中心的な坑道である通洞坑と、銅産出のための火薬を貯蔵する宇都野火薬庫跡が、2008年(平成20)に国の史跡に指定された。わたらせ渓谷鐵道通洞駅から徒歩約5分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

足尾銅山跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足尾銅山跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.