Rakuten infoseek

辞書

足場【あしば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足場
あしば
scaffold; stage
建築工事において,高いところで作業を行う人間の足がかりのために,かりに組立てた構造物のこと。パイプ,丸太などを使って組立てる形式 (組立足場) と,屋上,軒先または梁などから吊られている形式 (吊足場) の2種類に大別できる。足場の材料には,鋼製のパイプなどが使われることが多く,丸太が用いられることは少くなった。これらは労働安全衛生規則の規定に従ったものでなければならない。パイプまたは丸太の間に渡す足場板は,骨組みにしっかり結びつけておくことが必要であり,高さ 75cm以上の位置に手すりをつけることも必要である。高層建築物の場合,建物の外周面での作業,たとえば窓ガラスを外側から拭くために,屋上から降ろす吊足場などには,強風に揺られてもだいじょうぶなように安全を確保することが必要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あし‐ば【足場】
足を踏みたてる所。足元のぐあい。足掛かり。「足場が悪くて力が入らない」
足を掛ける所。特に、高所での作業のため丸太や鋼管などで組み立てたもの。「足場を組む」
物事をするときの基盤とする所。立脚地。土台。「足場を固める」
交通の便のぐあい。「通うのに足場が悪い」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

足場
建築工事を行う際に設けられる仮設の作業用床。屋根工事外装工事などを行うために建物外周部に設けられる「外部足場」と、壁・天井などの工事のために建物内部に設けられる「内部足場」がある。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あしば【足場】
高い所で作業をするために、丸太・鋼管などで組み立てた仮設構造物。 「 -を組む」
足を踏みつける場所。また、足もとの具合。足掛かり。 「雨上がりで-が悪い」
物事をしようとする時のよりどころ。土台。 「 -を固める」
交通の便。 「 -が良い」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足場の関連情報

他サービスで検索

「足場」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.