Rakuten infoseek

辞書

足利【アシカガ】

デジタル大辞泉

あしかが【足利】[地名]
栃木県南西部の市。もと宿場町。足利氏発祥の地で、史跡が多い。中世末以来、絹織物の主要産地。現在は繊維工業のほか、機械・化学工業も盛ん。人口15.4万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あしかが【足利】
栃木県南西部の市。足利氏発祥の地。足利銘仙をはじめとする伝統的な繊維工業のほか、機械・化学工業も進出。もと宿場町。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あしかが【足利】
姓氏の一。室町将軍家。清和源氏。源義家の子義国を祖とする。下野しもつけ国足利の地を本拠として勢力を拡張し、尊氏たかうじの代には鎌倉幕府を討滅して室町幕府を開いた。義満よしみつの代に最盛期を迎えたが、その後は常に将軍の地位を強大な守護大名らに脅かされ、義昭よしあきが織田信長に京都から追放されて滅亡した。また、尊氏の子基氏を祖とする鎌倉公方家がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あしかが【足利】
[一] 栃木県南西端の地名。足尾山地の南裾、渡良瀬(わたらせ)川沿岸にあり、古代には毛野(けの)国の中心地。足利氏発祥の地でもあり、中世から政治・文化の一中心地として発展。早くから絹織物は知られ、銘仙(めいせん)は特に有名であった。足利学校跡、鑁阿(ばんな)寺、織姫神社などがある。大正一〇年(一九二一)市制。
[二] 栃木県の南西部にあった郡。明治二九年(一八九六)梁田(やなだ)郡を合併。大正一〇年(一九二一)以降、足利市・佐野市、群馬県桐生市に順次編入され、昭和三七年(一九六二)消滅。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あしかが【足利】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あし‐きき【足利】
〘名〙 (「あしぎき」とも)
① 足が十分に使えること、足をしっかりと立てること。また、その場所。足場。足立ち。
※平家(13C前)七「馬の足ききよい所で候へば、いそぎわたさせ給へ」
② 足の働きが優れていること。また、そのもの。
※日葡辞書(1603‐04)「Axiqiqi(アシキキ)〈訳〉足の強い人や馬」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足利の関連情報

他サービスで検索

「足利」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.