辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

足利義輝【あしかが よしてる】

美術人名辞典

足利義輝
室町幕府十三代将軍。十二代義晴の長男、母は関白近衛尚通の娘。幼名は菊幢丸、初名は義藤。天文15年将軍となるが、諸将対立のあおりを食い、近江に逃れる。六角義賢の仲介で帰洛して以後、交戦中の戦国大名間に和義を勧めるなど将軍権威の回復に努めた。永禄8年(1565)歿、30才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あしかが‐よしてる【足利義輝】
[1536~1565]室町幕府第13代将軍。在職1546~1565。義晴の子。三好・松永氏らの勢力が強く、将軍職は有名無実であった。松永久秀に攻められて敗死。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

足利義輝 あしかが-よしてる
1536-1565 室町幕府13代将軍。在職1547*-65。
天文(てんぶん)5年3月10日生まれ。足利義晴(よしはる)の子。天文15年将軍となる。細川晴元,三好長慶(みよし-ながよし)との対立抗争のためしばしば京都をのがれた。永禄(えいろく)元年長慶と和睦(わぼく)し,織田信長ら諸大名の力を利用して将軍の権威回復につとめたが,松永久秀(ひさひで)らに攻められ,8年5月19日自害した。30歳。京都出身。幼名は菊幢丸。初名は義藤。法号は光源院。
【格言など】五月雨(さみだれ)は露か涙か時鳥(ほととぎす)我が名をあげよ雲の上まで(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あしかがよしてる【足利義輝】
1536‐65(天文5‐永禄8)
室町幕府13代将軍。号光源院。12代将軍義晴の子として京都で出生。細川氏綱の反乱により1546年(天文15)12月義晴が近江に亡命中に,六角定頼の加冠で将軍に任官した。49年以降,畿内に覇を唱えた三好長慶のためしばしば京都を追われ,細川晴元も無力化したので,52年長慶と講和し入京した。しかし53年にはまた長慶と対立することとなり,京都防衛の拠点である霊山城が陥落して義輝軍は長慶に大敗し,5年余も近江朽木谷に亡命を余儀なくされている。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

あしかがよしてる【足利義輝】
1536~1565) 室町幕府一三代将軍(在職1546~1565)。義晴の子。三好・松永氏らの勢力が強く、将軍職が形骸化けいがいかしたことに反発したが、逆に松永久秀らに暗殺された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足利義輝
あしかがよしてる
[生]天文5(1536).3.10. 京都
[没]永禄8(1565).5.19. 京都
室町幕府 13代将軍 (在職 1546~65) 。義晴の子。母は近衛尚通の娘。幼名は菊童。初名は義藤。天文 23 (1554) 年2月 12日義輝と改名。同 15年正五位下左馬頭となり,日ならずして父義晴の譲りを受けて征夷大将軍となり,従四位下に進み,翌年2月 17日参議左中将。この年,細川晴元と畠山政国の争いに,畠山にくみしたため,細川勢に洛北の北白川城を攻められ,父とともに近江坂本へ逃れた。のち晴元と和し,同 17年6月帰洛した。しかし翌 18年晴元が家臣三好長慶と摂津に戦って敗れたため,義晴父子は晴元とともに再び坂本へ移った。同 19年5月4日義晴が病没したので,義輝が家督を継いだ。同 20年三好氏の近江進攻により,坂本からさらに北の山中の高島郡朽木に移ったが,同 21年には三好氏との和約ができ,晴元は堅田から出奔し,義輝は京都に帰った。翌 22年7月長慶の京都侵入により,山城杉坂から近江竜華に逃れ,京都は長慶の制圧するところとなり,義輝の動静は不明となる。永禄1 (58) 年朽木から竜華に出てきた義輝,晴元主従は,近江の六角義賢の助けを得て坂本に陣を移し,西進して三好軍と京都攻防戦を重ねたが,11月和議が成立して入洛した。永禄7 (64) 年7月長慶が没すると,翌年その後嗣義継と,専権をふるっていた義継の臣松永久秀に京亭を急襲され,義輝は自殺した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

足利義輝
あしかがよしてる
(1536―1565)
室町幕府第13代将軍。天文(てんぶん)5年3月10日生まれ。足利義晴(よしはる)の子。初名義藤(よしふじ)。父が近江(おうみ)(滋賀県)逃亡中に坂本で将軍に就位。その治世は細川晴元(はるもと)の勢威衰え、家宰三好長慶(みよしながよし)が台頭してしばしば京都を追われた。1553~1558年の間は近江朽木(くつき)に幽居、この間に秀隣院(しゅうりんいん)庭園(国指定名勝)を造営し、俗説では塚原卜伝(ぼくでん)に剣術を学んだといわれるが未詳。還京後は単なる長慶の傀儡(かいらい)に甘んぜず、幕府の首長として三好政権に抵抗の姿勢を続けたため、松永久秀(ひさひで)らに警戒され、長慶死去の翌永禄(えいろく)8年5月19日暗殺された。[今谷 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利義輝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足利義輝の関連情報

他サービスで検索

「足利義輝」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.