辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

足利義視【あしかが よしみ】

美術人名辞典

足利義視
室町後期の武将。六代将軍義教の子。浄土寺に入り義尋と称したが、兄義政の後嗣となり還俗して義視と改名、今出川殿と呼ばれた。しかし義政に実子義尚が誕生したため、継嗣争いから応仁の乱を誘発し、義視は伊勢に逃れ、次いで西軍に投じた。のち土岐氏を頼って美濃へ下ったが、義尚の死で子義材が将軍となると、上洛して幕政を後見した。延徳3年(1491)歿、53才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あしかが‐よしみ【足利義視】
[1439~1491]室町中期の武将。義教の子。義政の弟。兄の養子となって将軍後継者に擬せられたが、義尚(よしひさ)が生まれてから継嗣争いが起こり、応仁の乱を誘発した。今出川殿。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

足利義視 あしかが-よしみ
1439-1491 室町時代の武将。
永享11年閏(うるう)1月18日生まれ。足利義教(よしのり)の10男。浄土寺門跡(もんぜき)をついだが,寛正(かんしょう)5年還俗(げんぞく)して兄の8代将軍義政(よしまさ)の後継となり,今出川殿とよばれる。その直後義政に実子義尚(よしひさ)が生まれ家督争いがおこり,応仁(おうにん)の乱の一因となる。乱でははじめ東軍につくが,のち西軍に転じ,乱の終結後に義政と和睦(わぼく)した。延徳3年1月7日死去。53歳。初名は義躬(よしみ)。法名は義尋。法号は大智院。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あしかがよしみ【足利義視】
1439‐91(永享11‐延徳3)
室町中期の武家。今出川殿と号す。義教の子,義政の弟。はじめ浄土寺門跡を継ぎ,法名を義尋(ぎじん)と称したが,義政の実子出生が遅れたため1464年(寛正5)還俗して将軍跡目に推された。しかるにこの直後義政に実子義尚が誕生し,将軍家の家督紛争に発展,義政の近臣である政所執事伊勢貞親相国寺塔頭(たつちゆう)鹿苑院蔭涼軒主季瓊真蘂(きけいしんずい)らは義視の暗殺をはかり,事あらわれて翌年逐電,この一件が応仁・文明の乱の導火線となる。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

あしかがよしみ【足利義視】
1439~1491) 室町時代の武将。義教よしのりの子。義政の弟。今出川殿。浄土寺の僧となり義尋と称す。のち還俗げんぞくして義政の後嗣となり義視と改名。翌年、義政の妻日野富子に義尚よしひさが誕生したことから将軍継嗣争いとなり、義政と対立、応仁の乱を誘発した。乱後、実子義稙よしたねが将軍となり、その後見役。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足利義視
あしかがよしみ
[生]永享11(1439).閏1.18. 京都
[没]延徳3(1491).1.7. 京都
室町幕府8代将軍義政の弟。初め浄土寺に入って僧となり,義尋といい,准三后となった。しかし義政に実子がなかったため,義政の義子となり,寛正5 (1464) 年 12月2日,還俗して義視と名のった。同日左馬頭従五位下,寛正6 (65) 年 11月 25日参議,12月 17日権大納言。居所が京都今出川にあったので,今出川殿と呼ばれた。同年 11月義政に実子義尚が生れると,生母日野富子は義尚の嗣立を望み,山名持豊 (宗全) を頼った。当時政界では,守護大名細川勝元と山名持豊の両実力者が対立していたが,管領斯波,畠山両家の相続争いをきっかけに,両者の戦いが始り,応仁1 (67) 年5月,細川氏は義視を,山名氏は義尚を奉じて対陣した。義視は戦いを望まず,8月伊勢に逃れて北畠氏を頼った。翌2年9月義政のすすめでいったん帰京した義視は,再び義政と不和になり,11月比叡山に登った。これを聞いた持豊が義視を自軍に迎えたことから,12月義政は義視の官爵剥奪と征討の綸旨を奏請した。ここに義視を奉じる山名軍と,義政,義尚を奉じる細川軍との間に長い応仁・文明の戦乱が続いた (→応仁の乱 ) 。文明9 (77) 年 11月義視は土岐成頼を頼って美濃に下向,この地にとどまった。延徳1 (89) 年3月,義尚が近江守護六角高頼征討中病没すると,義視は義政と和して,子義稙を伴って上洛した。翌2年1月には義政が病没したため,義稙が将軍職を継ぎ,義視が執政したが,義政の死からちょうど1年目の同時刻に義視も病死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

足利義視
あしかがよしみ
(1439―1491)
室町中期の武将。義教(よしのり)の子。義政(よしまさ)の弟。極官は正二位、権大納言(ごんだいなごん)。初め浄土寺に入り義尋(ぎじん)と称したが、義政に男子がなかったため、1464年(寛正5)義政の後嗣(こうし)となり、還俗(げんぞく)して名を義視と改め、今出川殿と称した。しかし、1465年義政に実子義尚(よしひさ)が生まれたため、生母日野富子は義視を廃して義尚を継嗣にしようとし、将軍家内部に家督争いが起こった。義視は細川勝元(かつもと)を頼ったが、この争いが応仁(おうにん)の乱の出発点となった。最初義視は東軍細川方に属したが、義政と不和となり、西軍山名宗全(やまなそうぜん)側に投じ、義政と対抗した。将軍義尚の死後、義政と和睦して帰京したが、延徳(えんとく)3年正月7日没した。法号は大智院久山道存。[伊藤喜良]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

足利義視 (あしかがよしみ)
生年月日:1439年1月18日
室町時代;戦国時代の武将。第8代将軍足利義政の弟
1491年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利義視」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足利義視の関連情報

他サービスで検索

「足利義視」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.