辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

足利義満【あしかが よしみつ】

美術人名辞典

足利義満
室町幕府三代将軍。二代将軍義詮の男。幼名は春王。父の死後10才で家督を継ぎ、応安元年将軍に就任した。成人後管領細川頼之を廃し親政を開始、南北朝合体や土岐・山名・大内氏の弾圧、明との国交回復に成功し、幕府権力を確立した。また朝儀にも精通し、太政大臣として朝廷内でも権力を奮った。出家後は京都北山に金閣を建て、いわゆる北山文化を開花させた。応永15年(1408)歿、49才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あしかが‐よしみつ【足利義満】
[1358~1408]室町幕府第3代将軍。在職1368~1394義詮(よしあきら)の子。南北朝合一を果たし、明(みん)勘合貿易を開いて室町幕府の最盛期を現出した。能楽の保護、金閣の建立などにみられるこの時代の文化を北山文化とよぶ。北山殿。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

足利義満 あしかが-よしみつ
1358-1408 室町幕府3代将軍。在職1369*-95*。
延文3=正平(しょうへい)13年8月22日生まれ。足利義詮(よしあきら)の長男。母は紀良子(きの-よしこ)。応安元=正平23年11歳で将軍職をつぐ。管領(かんれい)細川頼之(よりゆき)の補佐をうけ幕府の基礎をかためるが,のち頼之を廃し斯波義将(しば-よしまさ)を管領として幕府権力を確立,明徳2=元中8年山名氏清(うじきよ)をほろぼし(明徳の乱),翌年には南北朝を合体させた。応永元年子の義持に将軍職をゆずって太政大臣となり,翌年出家。京都北山に金閣寺をその一部とする北山第(てい)を造営して北山殿とよばれた。8年明(みん)(中国)と国交を再開,「日本国王」として冊封をうけた。応永15年5月6日死去。51歳。幼名は春王。法名は道有,道義。法号は鹿苑(ろくおん)院。
【格言など】当家の運と山名一家の運とを天の照覧に任せよう(山名一族の反乱に対して)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

足利義満
 室町幕府3代将軍で、金閣[きんかく]を建てたことで有名です。1391年に、それまで2つにわかれていた朝廷[ちょうてい]をまとめました。大内義弘[おおうちよしひろ]らを討って、国内の支配力を強めたほか、中国の明[みん]と国交を開いています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あしかがよしみつ【足利義満】
1358‐1408(正平13∥延文3‐応永15)
室町幕府3代将軍。2代将軍足利義詮の長子。母は石清水八幡宮の検校善法寺通清の女,紀良子。幼名は春王。義満生誕のころに,観応の擾乱(じようらん)の余波はようやく終息に向かっていたが,新たに幕府内に権臣の争いが起こり,1361年(正平16∥康安1)幕府の執事細川清氏が離反して南朝に投じ,南朝軍とともに京都を急襲すると,将軍義詮は近江に走り,4歳の義満は建仁寺に隠れたのち,播磨に逃れて守護赤松則祐の庇護を受けた。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

あしかがよしみつ【足利義満】
1358~1408) 室町幕府三代将軍(在職1368~1394)。義詮よしあきらの子。号は鹿苑院殿。1378年室町殿造営。92年南北朝合一を成しとげ、有力守護大名を抑えて幕府権力を確立し、94年将軍職を義持に譲る。97年北山に金閣を建て、北山殿と呼ばれた。1401年明に入貢、貿易につとめた。 → 勘合貿易

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足利義満
あしかがよしみつ
[生]正平13=延文3 (1358).8.22. 京都
[没]応永15 (1408).5.6. 京都
室町幕府 3代将軍(在職 1368~94)。足利義詮の子。母は紀良子。父の病により正平22=貞治6(1367)年政務を譲られ,以来元中7=明徳1(1390)年土岐康行,翌年起こった明徳の乱山名氏清,応永6(1399)年に起こった応永の乱では大内義弘を滅ぼして将軍の権威を高めた。元中9=明徳3(1392)年には南北朝合体を成し遂げ,天下を統一した。応永1(1394)年太政大臣となり,将軍職を子の足利義持に譲り,翌年出家したが死ぬまで実権を握っていた。室町に花の御所(→室町殿)を建て,晩年北山殿を営んでいる(→北山文化)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

足利義満
あしかがよしみつ
(1358―1408)
室町幕府第3代将軍。父は2代将軍義詮(よしあきら)。母は石清水八幡宮検校(いわしみずはちまんぐうけんぎょう)善法寺通清(ぜんぽうじつうせい)の娘紀良子(きのよしこ)。延文(えんぶん)3年8月22日生まれ。幼名春王。義満の生まれたのは、祖父尊氏(たかうじ)が亡くなった直後で、直義(ただよし)派残党の勢力はようやく衰えていたものの、南朝方の攻撃、幕府の内訌(ないこう)は激しく、4歳の義満さえ播磨(はりま)国(兵庫県)守護(しゅご)赤松則祐(あかまつそくゆう)の白旗(しらはた)城に難を逃れねばならなかった。1367年(正平22・貞治6)義詮は死に臨んで10歳の義満に家督を譲り、讃岐(さぬき)(香川県)から呼び寄せた細川頼之(よりゆき)を管領(かんれい)に任じて後事を託した。翌1368年、義満は元服し、征夷(せいい)大将軍に任ぜられ、1372年には判始(はんはじめ)の式を行っているが、幕政の実務は頼之の手にあった。頼之は室町幕府の集権的体制を強化することに努め、よく幕府の基礎を固めた。しかし、頼之の権力があまりに肥大化することを嫌った他の有力守護大名の反発を招き、1379年(天授5・康暦1)義満は頼之に帰国を命じ(康暦(こうりゃく)の政変)、斯波義将(しばよしまさ)を管領とした。これは、しだいに幕政の自専を志向し始めた義満自身の意志でもあったろう。1378年(天授4・永和4)には、室町に新邸(花の御所)を造営して移住。義満時代の基礎を築き始めていたのである。義満は将軍権力を絶対化するため、有力守護大名たちの勢力削減に努めた。その最初の犠牲が、幕府創業以来の重臣土岐(とき)氏(1390)であった。ついで1391年(元中8・明徳2)、11か国の守護職をもち六分一衆とよばれた山名氏を討ち(明徳(めいとく)の乱)、1399年(応永6)には中国地方の雄族大内義弘(よしひろ)を滅ぼしている(応永(おうえい)の乱)。有力守護大名の一族を離間させ、ついには掃滅しようという義満に、彼らは反幕の兵をあげて応じたが、巧みな義満の術策の前に敗れ去ったのである。こうした反幕軍はしばしば南朝を担いで自らの正統性の根拠としたが、1392年(元中9・明徳3)義満は、南朝の御亀山(ごかめやま)天皇に神器を北朝の御小松(ごこまつ)天皇へ譲り渡させ、事実上南朝を否定した(南北朝合一)。反幕勢力を圧伏する方法は戦闘に限らなかった。義満は、1386年(元中3・至徳3)天橋立(あまのはしだて)の景勝遊覧に出かけたのをはじめ、1403年(応永10)までの間に諸国を遊覧したが、その真意は幕府権力の示威や、将軍に対する臣従を確認するためであった。それは、守護大名に限らず、寺社勢力に対するものでもあった。とくに寺院統制の面では、五山(ござん)制度を整備し、春屋妙葩(しゅんおくみょうは)を僧録に任じ禅宗教団を管理すると同時に、経済的にも厚い保護を加え、五山文化を盛行させた。
 反幕勢力を制圧し、将軍独裁制を築きながら義満は、将軍職在任のまま、1382年(弘和2・永徳2)には左大臣、翌1383年には准三后(じゅさんごう)宣下を受けた。そして、1394年(応永1)には将軍職を子の義持(よしもち)に譲り太政(だいじょう)大臣となったが、将軍としての実権は従前どおり義満自身が握ったままであった。1395年太政大臣を辞して出家して以後、自らを法皇に擬せんとし、ついで北山第(きたやまてい)を仙洞(せんとう)御所に擬して造営した。金閣はこの山荘の一部である。義満はここで政務をとり、公武上層貴族を集めて、和歌、連歌、管弦、猿楽など種々の催しに興じ、宋(そう)・元(げん)の名画を収集して、ここに北山文化を花開かせた。
 外交に関して義満は、貿易の利と、国家主権者の表徴たる外交権を手中に収めるため、元寇(げんこう)以来中断していた中国との国交を1401年(応永8)に正式に再開した。先述した応永の乱は、私的に海外貿易を掌握する大内氏を討つためでもあった。翌1402年の明(みん)使の詔書には「日本国王源道義」と記され、義満自身「日本国王臣源」として返書を送り、倭寇(わこう)を鎮圧して明の冊封(さくほう)を受けた。こうした明に対する追従外交には当時から非難の声があったが、事実上日本の国家を統一した実力者でありながら、形式的には天皇の下にあることに対する不満を解消する意図だったのであろう。
 1408年(応永15)3月、義満は後小松天皇を北山第(きたやまてい)に迎え、翌4月には、寵児(ちょうじ)義嗣(よしつぐ)(義持の異母弟)を親王の儀に準じて元服させた。これも、従来の将軍の地位を超えた、公武に君臨する自らの地位を確固たるものとするための布石だったのであろう。しかし、義満は咳病(がいびょう)を患って、5月6日北山第に急逝した。51歳。法号は鹿苑院(ろくおんいん)天山道義。墓は相国寺(しょうこくじ)鹿苑院にある。朝廷からは太上(だじょう)天皇の尊号を与えようとしたが、義持はこれを固辞した。後継者は斯波義将らの支持で、現将軍義持と定められた。[田中博美]
『臼井信義著『足利義満』(1960・吉川弘文館) ▽佐藤進一著『日本を創った人びと11 足利義満』(1980・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利義満」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足利義満の関連情報

他サービスで検索

「足利義満」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.