辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

足利義尚【あしかが よしひさ】

美術人名辞典

足利義尚
室町幕府九代将軍。八代義政の長男、母は日野富子。のち義熙と改名。文明5年(1473)9歳で将軍となる。和歌を能くし、歌集『常徳院集』がある。従一位内大臣・贈太政大臣六角高頼討伐のため近江に出陣、延徳元年(1489)陣中で歿。25才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あしかが‐よしひさ【足利義尚】
[1465~1489]室町幕府第9代将軍。在職1473~1489。義政の子。母は日野富子。文明5年(1473)将軍となる。叔父義視(よしみ)との継嗣争いが応仁の乱の一因となった。近江の六角高頼の討伐中に病没した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

足利義尚 あしかが-よしひさ
1465-1489 室町幕府9代将軍。在職1474*-89。
寛正(かんしょう)6年11月23日生まれ。足利義政の長男。母は日野富子。8代将軍義政が後継を弟義視(よしみ)としたのち生まれたため,義視と家督争いがおこり,応仁(おうにん)の乱の一因となる。文明5年9歳で将軍となるが,政務は義政がとった。長享元年近江(おうみ)守護六角高頼(たかより)の征討にむかい,3年3月26日陣中で病死した。25歳。後名は義煕。法号は常徳院。家集に「常徳院殿集」など。
【格言など】手を折りてすぎこし代々(よよ)をかぞふればむなしき床の夢にぞありける(「義尚公薨逝記」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あしかがよしひさ【足利義尚】
1465‐89(寛正6‐延徳1)
室町幕府9代将軍。号常徳院。義政の子。のち義熙(よしひろ)と改名。義政が弟義視を家督に指定した後,日野富子との間に出生し,彼の誕生が応仁・文明の乱の一因となった。73年(文明5)将軍に就任し,母富子が後見。乱後は将軍親裁権の強化をはかり,87年(長享1)みずから六角征伐の軍を指揮,占領地を奉行人・奉公衆等の近習に与えたが,深酒と荒淫のため鈎(まがり)の陣中に病死。【今谷 明】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

あしかがよしひさ【足利義尚】
1465~1489) 室町幕府九代将軍(在職1473~1489)。義政・日野富子の子。叔父義視よしみと将軍継嗣を争い、応仁の乱を誘発した。近江の六角高頼(1462~1520)討伐のために出陣中病死。和歌をよくした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

足利義尚
あしかがよしひさ
[生]寛正6(1465).11.23. 京都
[没]延徳1(1489).3.26. 近江,鈎
室町幕府9代将軍 (在職 1473~89) 。父は義政。母は日野富子。妻は日野勝光の娘。義尚の誕生以前に足利義政は弟の義視を後嗣と定めていたが,富子が子義尚の将軍襲職を望んで山名持豊に依頼したことが応仁の乱の一因となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

足利義尚
あしかがよしひさ
(1465―1489)
室町幕府第9代将軍。寛正(かんしょう)6年11月23日生まれ。義政(よしまさ)の嫡子。1488年(長享2)6月義煕(よしひろ)と改名。応仁(おうにん)の乱中に幼少のまま就位したが、その治世の前半は、生母日野富子、外戚(がいせき)日野勝光(かつみつ)、大御所足利義政らが実権を握り、傀儡(かいらい)的存在であった。1483年(文明15)義政が東山(ひがしやま)山荘に隠栖(いんせい)してようやく幕政を掌握、1487年(長享1)には寺社本所(ほんじょ)領回復を名目として六角(ろっかく)征伐を起こし、近江(おうみ)(滋賀県)鉤(まがり)に幕府を移した。しかしこの挙は、荘園(しょうえん)回復に名を借りた将軍親裁権強化策であったため、管領(かんれい)細川政元(まさもと)と対立、自身も深酒と荒淫(こういん)のため延徳(えんとく)元年3月26日、近江で陣没した。[今谷 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利義尚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

足利義尚の関連情報

関連キーワード

有馬元家足利義量足利義勝裏松重子日野重子室町殿安養院一対局大館佐子妙音院

他サービスで検索

「足利義尚」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.