Rakuten infoseek

辞書

【しゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しゅ
gati
仏教用語。死後における存在の状態をいう。人はその存命中の行為に応じて,死後それぞれの新たな生存の状態に到達するが,仏教では異説がある。地獄における生存 (地獄) ,死霊としての生存 (餓鬼) ,獣類としての生存 (畜生) ,阿修羅としての生存 (修羅) ,人間としての生存 (人) ,神々としての生存 (天) の6種を六趣といい,前3者を三悪趣,あとの3者を三善趣といったりする。また三悪道,三善道とも称する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おも‐むき【趣】
そのものが感じさせる風情。しみじみとした味わい。「冬枯れの景色もがある」
全体から感じられるようす・ありさま。「異国的なのある街」「大陸とはを異にした文化」
言おうとしていること。趣旨。「お話のは承知しました」
聞き及んだ事情。ようす。「承りますればご病気の、お案じ申しております」
やり方。方法。
「合戦の―はからひ申せ」〈保元・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ【趣】
仏語。衆生(しゅじょう)が自己のつくった業(ごう)によっておもむく世界。六趣。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ【趣】[漢字項目]
常用漢字] [音]シュ(漢) [訓]おもむき おもむく
心の向かうところ。めざすところ。考え。「趣意趣向趣旨意趣
おもむき。あじわい。「趣味雅趣興趣詩趣情趣風趣妙趣野趣
仏教で、衆生が輪廻(りんね)の間に行って住む世界。「三悪趣
[名のり]とし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おもぶき【趣】
おもむき(趣)に同じ。 真言の-深さあささの程を聞しめして/栄花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おもむき【趣】
風情ふぜいのある様子。あじわい。 -のある庭
気配。気分。感じ。 秋の-が深くなる
だいたいの内容。わけ。事情。 お話の-は父から聞いております
様子。状況。 近く御上京の-、家族一同お待ちしております
心の動き。心が動く方向。 人の心々、おのがじしの立てたる-も見えて/源氏 帚木

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おもむけ【趣】
下二段動詞おもむくの連用形から
意向。おもぶけ。 ただ大殿の御-の異なるにこそはあなれ/源氏 藤袴

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ【趣】
衆生しゆじようが自らの行為によっておもむく場所。また、生きるさま。六趣。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おも‐ぶき【趣】
※源氏(1001‐14頃)行幸「おほやけざまにて、さる所のことをつかさどり、まつりごとのおもぶきをしたため知らむことは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おも‐ぶけ【趣】
※書紀(720)継体七年一二月(前田本訓)「聖の化(オモフケ)に憑(よ)りて、遠く扇え」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ【趣】
〘名〙 (gati の訳語。道とも) 仏語。衆生が自己の業(ごう)によって得る生存の状態、また世界。地獄・餓鬼等の悪趣、人間・天上等の善趣などがある。六趣。
※永平道元禅師清規(13C中)典座教訓「我若生地獄、餓鬼、畜生、修羅等之趣

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

趣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.