Rakuten infoseek

辞書

【ちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ちょう
Zhao; Chao
中国の戦国時代諸侯七雄の一つ (前 453~222) 。その祖先は周の穆王に仕えた造父 (ぞうほ) といわれ,春秋時代にはの六卿の一つとして活躍した。春秋時代末期に趙鞅は范氏,中行氏を滅ぼし,その子趙無恤は知伯氏を討ち (前 453) ,韓氏,魏氏とともに晋を3分して自立した (戦国時代) 。晋の烈侯 17 (前 403) 年正式に諸侯となり,敬侯1 (前 386) 年都を邯鄲に営んだ。戦国時代中期,武霊王は胡服を採用し,騎射を修得させるなど北方民族の戦法を取入れ,軍制を改革して北地を攻略し,をうかがった。しかし戦国時代後半には秦の圧迫を受け,廉頗藺相如,あるいは平原君ら名将の活躍もあったが,長平に大敗して (前 262) 衰え,王遷8 (前 228) 年秦に滅ぼされた。その際王子嘉は代 (河北省蔚県) に逃れて自立したが,やがてこれも滅ぼされた (前 222) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう〔テウ〕【趙】
中国、戦国時代の国。戦国七雄の一。大夫の趙氏が氏・氏とともに晋を滅ぼし、その領土を3分して独立。前403年、諸侯に列せられ、現在の山西省北部、河北省東部を領有。都は晋陽(太原)、のち邯鄲(かんたん)。武霊王の時に最も栄えたが、前222年、に滅ぼされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょう【趙 Zhào】
中国,戦国七雄の一つ。前403‐前222年。その祖は春秋の晋の大夫。趙衰が晋文公の覇業をたすけて勢力を得,六卿の一つとして国政を握る。前453年韓・魏と知氏を滅ぼして晋を三分し,前403年周王より独立を認められた。晋陽(山西省太原)を根拠とし,のち邯鄲(河北省邯鄲)にうつったが,その勢力は河北・山西北部にあった。武霊王遊牧民から騎馬戦法を学び,前296年中山国を滅ぼし,北辺に進出した。しかし前262年,長平で秦に大敗してより急速に衰え,前222年秦に滅ぼされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちょう【趙 Zhào】
中国,五胡十六国の一つ。前趙ともいう。南匈奴の劉淵が304年(元熙1)西晋八王の乱に乗じて建国したもので,平陽(山西省臨汾県)を首都とした。はじめ漢と称したが,劉曜のとき趙と改めた。第2代劉聡は311年(嘉平1)西晋の首都洛陽を占領(永嘉の乱),ついで長安を攻略して西晋を滅ぼし,五胡十六国時代がここに始まった。劉聡は華北一帯に覇を唱えたが,帝権の無軌道な拡張で国家が乱れた。その死後宗室の劉曜が長安によって政権を継承したが,329年(光初12)後趙の石勒(せきろく)に併呑された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちょう【趙 Zhào】
中国,五胡十六国の一つ。後趙ともいう。羯(けつ)族の石勒(せきろく)ははじめ前趙に臣属していたが,前の混乱に乗じ華北地方東半部を蚕食して趙王国を建て,前趙を併呑して330年(建平1)帝位についた。後趙は鄴(ぎよう)(河南省安陽県)を首都としてほぼ華北全土を領有し,第3代石虎のとき匈奴系国家として最盛期にあった。しかし宗室内部の権力争いが国家を解体にみちびき,石虎の死後内乱状態となり,350年(青竜1)石虎の養子冉閔(ぜんびん)に政権を奪われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょう【趙】
中国、戦国七雄の一(前403~前222)。晋の有力世族趙氏が韓氏・魏氏とともに晋の領地を三分して諸侯となり成立。山西省北半から河北省東南部を領有、武霊王の時最盛期を迎えたが、秦に滅ぼされた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ちょう
中国、戦国時代の国名。晋(しん)に仕えていた大夫(たいふ)の趙氏が、紀元前403年、韓(かん)氏、魏(ぎ)氏とともに晋を三分して独立した諸侯となり、晋陽(太原(たいげん)市)に都を置いたときから始まる。現在の山西省北部、河北省南東部を領有し、戦国七雄の一つに数えられる。前4世紀末に初めて王を称した武霊(ぶれい)王(在位前325~前299)は遊牧民特有の騎馬戦法を採用して諸国に威力を示し、次の恵文(けいぶん)王(在位前298~前266)は都を邯鄲(かんたん)に移し、中山(ちゅうざん)王国を滅ぼし、代(だい)(河北省蔚(うつ)県)から陰山(いんざん)山脈に沿って内モンゴルに至る長城を築いて勢力を誇った。しかし、同時にこのころから秦(しん)の攻撃をしばしば受け、平原君の活躍などにより以後、4代にわたって国を維持したが、前228年に秦に邯鄲を落とされ、前221年に亡命中の王子嘉(か)が殺されて滅亡した。[太田幸男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう テウ【趙】
中国の国名。
[一] 戦国の七雄の一つ(前四〇三‐前二二二)。晉の大夫の趙氏が、晉陽(太原)、ついで邯鄲を都として山西省北半から河北省の東南を領有、一時勢威をふるったが、秦に滅ぼされた。
[二] 五胡十六国の一つ(三〇四‐三二九)。南匈奴の劉淵の建てた国。最初の国号は漢。西晉を滅ぼし、長安を都として国号を趙に改めたが、その臣石勒に滅ぼされた。前趙。
[三] 五胡十六国の一つ(三一九‐三五一)。匈奴系羯(けつ)族の石勒の建てた国。鄴(河北省磁県)を都としたが、漢人の冉閔(ぜんびん)に滅ぼされた。後趙。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

趙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.