Rakuten infoseek

辞書

越中褌【エッチュウフンドシ】

デジタル大辞泉

えっちゅう‐ふんどし〔ヱツチユウ‐〕【越中×褌】
《細川越中守忠興が始めたというところから》長さ1メートルほどの小幅の布の一端にひもをつけたふんどし。
《越中ふんどしの前の方が外れやすいところから》あてにしていたことが外れること。
「何も彼(か)も―で、お話にならんです」〈魯庵社会百面相

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えっちゅうふんどし【越中褌】
細川越中守忠興の始めたものという
長さ1メートルほどの小幅の布にひもをつけたふんどし。越中。 → 六尺褌

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えっちゅう‐ふんどし ヱッチュウ‥【越中褌】
〘名〙
① 長さ約一メートルの小幅の布に紐をつけたふんどし。越中下帯。越中。
※咄本・軽口露がはなし(1691)四「暑き折には越中(ヱッチウ)ふんどし一筋にてかせぎ」
② (前の部分がはずれやすいところから) 当てにしていたことがはずれることにいう。
※雑俳・折句俵(1793)「仕すましたかほ越中褌」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

越中褌
えっちゅうふんどし

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越中褌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

越中褌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.