Rakuten infoseek

辞書

超高温【ちょうこうおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

超高温
ちょうこうおん
very high temperature
数億度程度の温度。この温度になると,物質はすべて完全に離してプラズマになっており,プラズマ粒子の熱運動によって核融合反応が起る。核融合反応エネルギー源として利用するためには,プラズマを制御して超高温を持続しなければならない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

超高温
ちょうこうおん
すべての物質は温度を上げていくと固体状態から液体・気体となり、さらに気体は電離してプラズマとなる。従来は、プラズマが生成され始める1万℃前後より高い温度を超高温とよんでいたが、核融合研究が進展するにつれて、核融合反応が盛んにおこる1億℃以上の温度をいうようになった。このようにきわめて高い温度という意味で超高温ということばが使われてきたが、学問的な意味で明確な定義があるわけではない。工学的にはもうすこし卑近に、溶接や電子ビーム溶解とも関連して、すべての高融点材料が溶解するような高温を超高温とよぶこともある。このような高温度になると、温度を日本で日常用いている摂氏(せっし)温度目盛りで読んでも、物理学で用いる絶対温度目盛りで読んでも、その差は273Kの違いであり、高温度の測定では誤差の範囲であるので、いちいちどの目盛りで読んだかということはことわらない。[宮原 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超高温」の用語解説はコトバンクが提供しています。

超高温の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.