Rakuten infoseek

辞書

超絶【チョウゼツ】

デジタル大辞泉

ちょう‐ぜつ〔テウ‐〕【超絶】
[名](スル)
程度が他よりもはるかにとびぬけてすぐれていること。「超絶した技巧」
他とは無関係に、より高い立場にあること。超越。「俗世間から超絶する」
超越(ちょうえつ)3
[補説]1から発展して、俗に、「超絶うまい」「超絶おもしろい」のように副詞的に用いられることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうぜつ【超絶】
( 名 ) スル
他のものと比較にならないほどずばぬけてすぐれていること。 「凡俗を-する技量」 「 -技巧練習曲」
〘哲〙 「超越」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐ぜつ テウ‥【超絶】
〘名〙
① 程度が、他をはるかにこえすぐれること。ぬきんでること。ちょうぜち。
※両足院本山谷抄(1500頃)二「絶に超絶の心があらうず、ぬくる心ぞ」 〔六韜‐犬韜、武騎士〕
※他界に対する観念(1892)〈北村透谷〉「バイロンのマンフレッド、ギョウテのフォウストなどは実に理学の外に超絶したるものにあらずや」
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉一「覚性界より空間及び時間に至るまで皆之を超絶して、宇宙間敢て之が制限を為すものあらざるなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超絶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

超絶の関連情報

他サービスで検索

「超絶」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.