Rakuten infoseek

辞書

超然【ちょうねん】

美術人名辞典

超然
。名は若英、虞淵・高尚坊。超勝の養子和歌を香川黄中に学び、詠歌は『鴨川集』『名所歌集』等に採録されている。史籍にも精通し、勤王も厚かった著書に『斥邪漫筆』がある。慶応4年(1868)寂、77才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ちょう‐ぜん〔テウ‐〕【超然】
[ト・タル][文][形動タリ]物事にこだわらず、平然としているさま。世俗に関与しないさま。「時代の風潮に超然としている」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

超然 ちょうねん
1793*-1868 江戸時代後期の僧。
寛政4年12月23日生まれ。浄土真宗本願寺派。西本願寺学林でまなぶ。同寺の大谷光沢に命じられて,「真宗法要典拠」の校訂にあたる。のち頼三樹三郎(らい-みきさぶろう),月性(げつしょう)らと尊攘(そんじょう)運動従事。慶応4年2月29日死去。77歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身(あざな)は不群。号は虞淵。法名は別に若英。著作に「日本僧宝事苑」「反正紀略」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

ちょうぜん【超然】
トタル [文] 形動タリ 
世俗的な物事にこだわらないさま。 どんな中傷にも-としている -たる態度

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐ぜん テウ‥【超然】
〘形動タリ〙
① かけはなれているさま。高くぬけ出るさま。高遠であるさま。
※懐風藻(751)遊吉野山〈丹広成〉「放曠多幽趣、超然少俗塵」
※両足院本山谷抄(1500頃)一八「俗に在れども超然として俗をぬけでて」 〔漢書‐董仲舒伝〕
② 物事にこだわらないさま。世俗にとらわれないさま。
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉七「西岡は何でも一方に超然(テウゼン)として、考へて居ることがあるんだらう」 〔戦国策‐秦策・昭襄王下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超然」の用語解説はコトバンクが提供しています。

超然の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.