Rakuten infoseek

辞書

超巨星【ちょうきょせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

超巨星
ちょうきょせい
supergiant star
巨星よりも絶対光度が強く,-5等にも及ぶいくつかの恒星をさす。オリオン座β星 (リゲル ) ,はくちょう座α星 (デネブ ) ,りゅうこつ座α星 (カノープス ) ,さそり座α星 (アンタレス ) などがこれに属する。希薄な厚い大気をもつため,スペクトルは細い輝線から成る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう‐きょせい〔テウ‐〕【超巨星】
巨星のうち、質量半径光度が特に大きい恒星。半径が太陽の数百倍、光度が太陽の数万倍以上に達するものもある。ベテルギウスアンタレスなど。→巨星

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうきょせい【超巨星 super‐giant star】
光度が著しく大きく,ヘルツシュプルング=ラッセル図上で各スペクトル型の最上部を占めている星である。これらの星は光度階級Iに分類され,その光度は太陽の103倍から106倍以上に達するものもある。しかし,スペクトル分類では超巨星に分類されない星でもO型主系列星,Of型星,ウォルフ=ライエ星,Be型星など超巨星に匹敵する光度の星もある。超巨星は主系列から進化した星で,その大きさが星としての上限に達したものと考えることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうきょせい【超巨星】
巨大な半径をもち、絶対等級も明るい恒星。北極星・リゲル・ベテルギウス・デネブ・アンタレスなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

超巨星
ちょうきょせい
supergiant
大質量の恒星が中心部での核融合反応で水素を使い果たし、主系列を離れて膨張したもの。超巨星は若いO型のスペクトル型から進化の進んだM型まで幅広く存在する。太陽の100万倍近くもの光度を有し、典型的な赤色超巨星の半径は太陽半径の数百倍にも達する。渦巻き銀河の腕にそって多く見られ、年齢は平均的に若く、数百万年程度であり、それより古い星の集団にはみられない。多くは不安定な状態にあって、大量の質量放出を行っている。青色超巨星の一種であるケフェウス型変光星は変光周期と光度との間に一定の関係があるので、遠方の恒星系の距離を求めるのに利用される。赤色超巨星にはミラ型変光星が含まれる。オリオン座の1等星であるリゲルは青色超巨星で、ベテルギウスやアンタレスは赤色超巨星である。[小平桂一・安藤裕康]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐きょせい テウ‥【超巨星】
〘名〙 半径が太陽の数百倍もある恒星。絶対光度は太陽の数万倍。アンタレス、ベテルギウス、リゲルなど。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超巨星」の用語解説はコトバンクが提供しています。

超巨星の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.