Rakuten infoseek

辞書

【おこし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


おこし
愛知県北西部,一宮市南西部の旧町域。 1955年朝日村と合体して尾西市となったのち,2005年一宮市に編入。美濃路の宿場町で,本陣,脇本陣,問屋などをもち,近くに美濃路の富田一里塚 (国指定史跡) がある。また木曾川渡船場としても発展。江戸時代から木曾川の自然堤防上ではワタが栽培され,綿織物結城縞などの絹織物の産地であった。明治末期から綿毛交織のモスリンなども生産された。一般に中小の家内工業が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き【起】
漢詩で最初の句。起句。「承転結」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【起】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]おきる おこる おこす たつ
学習漢字]3年
おきあがる。高くせりあがる。「起居起床起伏起立突起勃起(ぼっき)躍起隆起
仕事・活動を始める。おこす。「起工起訴起草喚起継起決起惹起(じゃっき)想起提起奮起発起
物事の始まり。「起因起句起源起点縁起(えんぎ)
[名のり]おき・かず・ゆき

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おこし【起】
尾張国(愛知県)中島郡,木曾川東岸の平地の村で,美濃路七ヵ宿の一つ。地名の初出は1320年(元応2)で〈興郷〉とある。1586年(天正14)の洪水で被害をうけたが,1600年(慶長5)関ヶ原の戦直後に宿駅とされ,08年には木曾川起渡に船頭給として60石を除地,60年(万治3)以後は船頭20人が常置された。72年(寛文12)の人口102戸587人,1867年(慶応3)に246戸1172人。本陣1軒,脇本陣1軒で1845年(弘化2)262軒のうち旅籠屋・茶屋・木賃宿14軒,往還人足・川揚中瀬稼22軒とある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おき【起】
〘名〙 (動詞「おきる(起)」の連用形の名詞化) 目がさめること。また、横になっている状態からからだをおこすこと。
※千五百番歌合(1202‐03頃)一二五八番「あひ見てもなごりをじまのあま人はけさのおきにぞ袖ぬらしける〈藤原良平〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お・きる【起】
〘自カ上一〙 お・く 〘自カ上二〙
① 横になっていたものが立つ。傾いていたものがもとの状態にもどる。
※百法顕幽抄平安中期点(900頃)「地に因りて倒れぬるいは、還りて地に因りて起(オクル)ことを須ゐる」
※平家(13C前)八「左右の袖をひろげておきんおきんとすれども、なじかはおきらるべき」
② 眠っていたものがめざめる。また、めざめて立つ。寝床を離れる。
※万葉(8C後)一二・二九一四「うつくしと思ふ我妹(わぎも)を夢に見て起(おき)て探るに無きがさぶしさ」
③ 眠らないでいる。また、横にならないでいる。
※万葉(8C後)一九・四一七一「常人も起(おき)つつ聞くそほととぎすこの暁(あかとき)に来鳴く初声」
④ 水が来て舟が浮かび出る。
※鹿苑院殿厳島詣記(1389)「二十日〈略〉しほのひてゐたる船の、しほ満ちて浮かぶをば、おくるといふにこそ」
⑤ 穏やかな状態のところに、それを騒がせるような物事が生じる。
※人さまざま(1921)〈正宗白鳥〉「良三なぞに話したって甲斐がないと思ひながら、ふと起きて来た体内の疼(いた)みを口に洩らした」
⑥ 火気が盛んになる。また、炭に火が移る。「火がおきる」
※ニッポン日記(1951)〈井本威夫訳〉一九四五年一二月二五日「皺だらけの婆さん女中が、真っ赤におきた木炭を火鉢に入れにきた」
⑦ あるものごとに由来する。端を発する。
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉紋「紋所といふもの、もとは車の紋から起(オ)きたといふ説があるが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お・く【起】
〘自カ上二〙 ⇒おきる(起)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おこし【起】
〘名〙 (動詞「おこす(起)」の連用形の名詞化)
① 寝ている人の目をさまさせたり、立たせたりなどすること。
② 田や畑をたがやすこと。
※俳諧・続猿蓑(1698)秋「起しせし人は迯けり蕎麦の花」
③ 花札で、めくり札を開いて場札と合わせること。
暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「何でもおこしで打ち当てようといふのですよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おこり【起】
〘名〙 (動詞「おこる(起)」の連用形の名詞化) 物事の始まり。物事の原因。起源。起因。由来。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「唐土(もろこし)にも、かかる事のおこりにこそ、世も乱れ悪しかりけれ」
※無名抄(1211頃)「或人云、和琴のおこりは、弓六張をひきならへて、これを神楽にもちゐけるを、わづらはしとて、のちの人のことにつくりうつせると申つたへたるを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おっき【起】
〘名〙 起きることをいう幼児語
※童謡・イエス・キリスト(1924)〈サトウハチロー〉「起(オ)っきしたのとマリアさま」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【起】
〘名〙
① きわめて短い時間。瞬間。刹那(せつな)。〔勝鬘経‐一乗章〕
※授業編(1783)七「第一句を起(キ)と云言起すなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

起の関連情報

他サービスで検索

「起」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.