Rakuten infoseek

辞書

起電力【きでんりょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

起電力
きでんりょく
electromotive force
回路に電流を流す原動力EMFと略記する。化学エネルギーを用いた電池の起電力,熱エネルギーによる熱起電力,光エネルギーによる光起電力電磁誘導による起電力などがある。起電力は無負荷のときの端子電圧で定義される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きでん‐りょく【起電力】
電流を生じさせる原動力。導体内の両極電位差による。生じる原因には、電池化学反応や光・熱・電磁誘導などがある。単位はボルト動電力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きでんりょく【起電力 electromotive force】
電流回路にエネルギーを補給して電流を流そうとする働き。回路に電流が流れると,抵抗における発熱(ジュール熱)などによりエネルギーが失われるので,電流が流れ続けるにはエネルギーの補給源が必要である。電池に抵抗を接続した回路では電池がその役割をする。1Cの電荷が電池を通過するたびに(J)のエネルギーを電池から受けとるとき,この電池は(V)の起電力をもつという。電池の電極付近には電荷が分布して静電場をつくっているが,その電位は正極(陽極)で最も高く,負極(陰極)で最も低い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きでんりょく【起電力】
導体間に一定の電位差を保持し、電流を流す原動力。化学的起電力・熱起電力・光起電力・電磁誘導による起電力などがある。単位はボルト、記号 V  動電力。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

起電力
きでんりょく
electromotive force
電気回路に電流を流す原因となる電圧の総称。EMFと略記することもある。起電力の測定には、図Aに示すように起電力をもつものの端子AB間に電圧計を接続してその指示を読む。起電力には、次に示すようにさまざまな種類・利用法がある。
(1)電池 電池内部におこる化学反応を利用するものである。これを化学起電力という。
(2)光(こう)電池 半導体でつくられた光電池は、それに光が当たったときのみ起電力が発生し電池としての働きをする。これを光起電力という。太陽電池はこれを応用したものである。
(3)熱起電力 2種類の金属の針金M1、M2図Bに示すように接続し、接合点1、2の間に温度差を与える。このとき、端子AB間に起電力が現れる。これを熱起電力という。熱起電力の大きさは接合点の温度差の二次関数として表され、適当な温度範囲では接合点の温度差に比例するとみなすことができる。この原理を応用したものが熱電対温度計である。熱起電力は1000分の1ボルト程度の小さな電圧なので、熱起電力の測定にはミリボルト電圧計を用いる。
(4)誘導起電力 図Cのように、コイルに磁石を出し入れすることによって、コイルを貫く磁束を変化させると、コイルの端子ABの間に起電力が発生する(ファラデーの電磁誘導の法則)。この原理は、発電機、変圧器などに広く利用されている。
(5)圧電気 水晶のような結晶をひずませると結晶片の面の間に電圧が発生する。これを圧電気という。これは、結晶に電界(電場)を働かせると結晶がひずむ電歪(でんわい)現象と対になった現象である。この原理は、結晶型のイヤホン、ガスの点火器、水晶発振器、水晶時計などに利用されている。圧電結晶は絶縁体であり、普通の電圧計の針を振らせるほど大きな電流を流すことはできない。ここで用いる電圧計は、これに流れる電流が10-12アンペアと極度に小さい電位計とよばれるものである(図D)。[山口重雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きでん‐りょく【起電力】
〘名〙 電流を流す原動力。狭義には、スイッチを開いているときの電源の端子電位差をいう。単位は電位差と同じくボルトを用いる。光、熱、誘導、生体、電池などの各起電力がある。動電力。〔電気訳語集(1893)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

起電力
キデンリョク
electromotive force

略称EMF.一般に,電流を回路に流す駆動力のこと.起電力には,その生じる原因から分けて,電磁誘導,熱,光,電池における化学反応などがある.電磁誘導による起電力は,時間的に変化する磁束が閉回路をつらぬく場合,その閉回路に発生する.熱起電力は異種金属の両端を接合して閉回路をつくり,その両接合点を異なる温度に保った場合に発生するものであり,光起電力はp-n接合をもつ半導体に適当な波長の光を照射した場合に発生し,太陽電池はその応用である.電池の起電力は電池反応の化学親和力によるものであり,電池の平衡電位の符号を逆にしたものと定義される.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

起電力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

起電力の関連情報

関連キーワード

Enhanced Meta Fileジョン・M. スチュードベーカーEMF形式メタファイル国際金融機構経済通貨同盟ESM

他サービスで検索

「起電力」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.