Rakuten infoseek

辞書

赤面/赭面【アカツラ】

デジタル大辞泉

あか‐つら【赤面/×赭面】
《「あかづら」とも》
赤い顔。あからがお。あかっつら。
歌舞伎の化粧法の一つで、を赤い砥(と)の粉で塗ること。また、その役柄。勇猛と奸悪の二様の性格を表したが、のちには敵役(かたきやく)の称となった。赤塗(ぬ)り。あかっつら。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき‐めん【赤面】
[名](スル)
赤い顔面。あからがお。
恥じて顔を赤らめること。また、恥じること。「赤面の至り」「おとなげなかったと赤面する」
感情が顔に表れて赤くなること。「興奮のあまり赤面する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せきめん【赤面】
( 名 ) スル
恥ずかしさで顔を赤くすること。 「思わぬ失態に-する」
恥。または恥をかくこと。 「 -の至り」
(興奮して)顔を赤くすること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せき‐めん【赤面】
〘名〙
① 赤い顔。赤ら顔。朱顔。
※京大二十冊本毛詩抄(1535頃)六「諸侯になってもうてぬ人ぢゃ。赤面な人ぞ」 〔薩都剌‐威武曲〕
② (━する) 何かの原因で顔が紅潮すること。
(イ) ずかしさのために顔が赤くなること。顔を赤らめて恥じ入ること。また、その顔。
※明衡往来(11C中か)上末「蒙此仰之間、彌向壁赤面臥地流汗了」
※浮世草子・好色一代男(1682)七「初心なる女郎は、脇からも赤面(セキメン)して、ゐられしに」
(ロ) 喜び、悲しみ、怒り、困惑などで興奮して顔を赤くすること。また、その顔。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「喧𠵅眼になりつつ、赤面(セキメン)しける有様、世にある人はすまじきなり」
(ハ) 酒を飲んで顔を赤くすること。〔貫休‐懐張為周朴詩〕
③ 恥をかくこと。また、恥。不名誉。恥辱。
※こんてむつすむん地(1610)三「くるしみとせきめんとをくはへて、其たのしみをうくる事だうり也」
人情本・恩愛二葉草(1834)二「其の大恩を〈略〉酬はずんば赤面(セキメン)の至りなりと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤面/赭面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤面/赭面の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.