Rakuten infoseek

辞書

赤道座標【せきどうざひょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

赤道座標
せきどうざひょう
equatorial coordinates
天球を規定する座標系の一つ。天球北極を+90°,南を-90°とし,赤道を0°とする赤緯と,北極,南極および春分点を通過する大円を0時とする赤経とを使って天体を位置づける方法。赤経は東回りに 15°を1時として,全周を 24時間で表わす。ただし,この方法では実際の観測に不自由なので,赤経の代りに観測地の子午線を0時として,西回りに 24時まで目盛りをした経度時角といい,赤緯と併用する方法を局部赤道座標という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せきどう‐ざひょう〔セキダウザヘウ〕【赤道座標】
天球上の天体の位置を表す座標の一。天の赤道春分点を基準にし、経度・緯度を赤経・赤緯として表す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきどうざひょう【赤道座標 equatorial coordinates】
赤道面を基準にとった球面座標で,赤道を緯度0゜としてはかり,北90゜が北極,南90゜が南極である。地球上では経度の原点イギリスグリニジ天文台を通る大円にとってこの経度を0゜とし,この大円から東へはかった経度差を東経と呼び,西へはかったものを西経と呼んでいて,それぞれ180゜まである。国際測地学協会国際天文学連合の規約によれば,西経を使用しないで,東経を360゜まで用いて地球上の経度を示すことになっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せきどうざひょう【赤道座標】
天の赤道と春分点とを基準にして、天球上の天体の位置を表す座標。この座標の緯度・経度をそれぞれ赤緯・赤経という。赤緯は天の赤道から北を正、南を負としてそれぞれ90度まで測る。赤経は春分点から天の赤道に沿って東回りに0~360度まで測るが、通常は15度を1時間の割合で換算して時・分・秒で表す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

赤道座標
せきどうざひょう
天球座標の一種。天の赤道と春分点を基準として天球上の天体の位置を表す。地球の経度・緯度と類似している。まず、緯度に相当する座標は、天の赤道から時圏(後述)に沿って天体まで測った角(度、分、秒などの単位の角度で表す)で、赤緯とよばれる。次に経度に相当する角であるが、赤道座標では赤経とよばれ、天の赤道上の一定点―春分点を起点として東回りに測る。詳しくいうと、天の南北両極(地球自転軸と天球との交点。天の赤道はこれらと90度離れたところを通る大円)と天体とを通る大円(時圏という)が天の赤道と交わる点まで赤道に沿って春分点から測った角が赤経である。赤道座標に付随して、時角、恒星時などがある〔にみるように、子午線とは、天の南北極と観測者の天頂とを通る大円〕。赤道座標はその特性上、天体の位置・運動の観測にもっとも便利なもので、宇宙の基本座標系として採用されている。ただし、歳差・章動のため、天の両極(したがって天の赤道)および春分点は時々刻々移動しており、天体がたとえ運動していなくても、その赤経・赤緯の数値は変わっていく。ゆえに赤道座標で恒星、星団、星雲、銀河などの位置を表すときは、「いつの赤道座標か」という特定の時点(これを「元期」という)を明らかにしておかなければならない。[大脇直明]
『長沢工著『日の出・日の入りの計算――天体の出没時刻の求め方』(1999・地人書館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せきどう‐ざひょう セキダウザヘウ【赤道座標】
〘名〙 天の赤道および春分点を基準として天体の位置を表わす球面座標。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤道座標」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤道座標の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.