Rakuten infoseek

辞書

赤貝飯【あかがいめし】

日本の郷土料理がわかる辞典

あかがいめし【赤貝飯】

鳥取県・島根県の中海(なかうみ)沿岸の郷土料理で、フネガイ科の二枚貝猿頬(さるぼお)のむき身をゆで、ゆで汁を用いてにんじん・ごぼうなどとともに炊く炊き込みご飯。◇「あかがい」は中海地方で用いるさるぼおの通称。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤貝飯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤貝飯の関連情報

他サービスで検索

「赤貝飯」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.