Rakuten infoseek

辞書

赤羽 忠一【アカハネ チュウイチ】

新撰 芸能人物事典 明治~平成

赤羽 忠一
アカハネ チュウイチ

職業
邦楽家

肩書
全国寿司組合副理事長

経歴
東京での学生時代浅草オペラに通い、まだ売り出す前の田谷力三らの歌を覚える。帰郷し銀行に勤務。三味線、長唄、小唄などの芸事の修業や遊びに給料を使い果たし、勘当された。また、高齢になっては“伊那の三奇人”の一人と呼ばれて親しまれた。脳出血で3度倒れたが、リハビリに三味線や歌唱を採り入れて車の運転も出来るまでに回復した。長野県寿司組合理事長などを歴任。著書に「赤羽忠一の甘辛ばなしと伊那の三奇人」などがある。

没年月日
平成5年 11月1日 (1993年)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤羽 忠一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤羽 忠一の関連情報

他サービスで検索

「赤羽 忠一」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.