Rakuten infoseek

辞書

赤穂【あかほ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

赤穂
あかほ
長野県南部,伊那盆地の中央にある駒ヶ根市の中心市街地。旧町名。明治初年赤須と上穂 (うわぶ) の2集落が合併したときに生れた地名で,1940年赤穂町となり,54年駒ヶ根市誕生の中核となった。国道 153号線 (三州街道) に沿う商店街は,都市計画により近代化された。第2次世界大戦前は製糸業の一中心であった。木工業,果樹の食品加工,金属,電機部品などの工場が多い。西方駒ヶ岳への登山,観光拠点でもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あこう〔あかほ〕【赤穂】
兵庫県南西端の市。千種(ちくさ)川河口にある。もと浅野森氏城下町赤穂義士ゆかりの史跡が多い。赤穂塩産地。人口5.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

赤穂
 兵庫県の市で、忠臣蔵[ちゅうしんぐら]の赤穂浪士[あこうろうし]で有名。江戸時代の塩の一大生産地で、全国でも最大の生産量をほこっていました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あかほ【赤穂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あこう【赤穂】
兵庫県南西部、播磨灘はりまなだに面する市。近世、浅野氏入封後、製塩業が盛んになった。浅野氏断絶後、森氏の城下町。現在、播磨臨海工業地域の一部。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

赤穂
あかほ
長野県駒ヶ根(こまがね)市の一地区。旧赤穂町。伊那(いな)盆地にあり、明治初年に天竜川に近い赤須(あかず)と、木曽(きそ)山脈に近い三州街道の宿場である上穂(うわぶ)が合併して赤穂村となり、駒ヶ根市成立の中核となった。名刹(めいさつ)光前(こうぜん)寺がある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤穂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤穂の関連情報

他サービスで検索

「赤穂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.