Rakuten infoseek

辞書

赤松 椋園【アカマツ リョウエン】

新訂 政治家人名事典 明治~昭和

赤松 椋園
アカマツ リョウエン

肩書
高松市初代市長

本名
赤松 範円

生年月日
天保11年(1840年)

経歴
高松藩侍医渡辺立斎の子として生まれ、のち本姓赤松に復す。高松藩少参事、会計検査院出仕などを経て、高松市初代市長に就任した。のち博物館主事となり、「香川県史」などを編纂。晩年吟詠を愉しみ、関西漢詩壇の老将と称せられた。著書に「付一笑居詩集」「蕉竹書寮詩稿」「先朝私記」「萍水相逢」「日本政記撮解」などがある。

没年月日
大正4年5月29日

出典:日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
(C) 2003 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤松 椋園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤松 椋園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.