Rakuten infoseek

辞書

赤木 格堂【アカキ カクドウ】

20世紀日本人名事典

赤木 格堂
アカキ カクドウ

明治〜昭和期の俳人,歌人 衆院議員;山陽新報主筆。



生年
明治12(1879)年7月27日

没年
昭和23(1948)年12月1日

出生地
岡山県児島郡小串村(現・岡山市)

本名
赤木 亀一(アカキ カメイチ)

学歴〔年〕
早稲田大学英語学科〔明治35年〕卒

経歴
早くから正岡子規を知り、明治31年頃から「日本」の俳句欄で活躍し、新進俳人として注目される一方、歌人としても認められた。子規没後はパリに留学し、植民政策を専攻。帰国後「九州日報」「山陽新報」などの主筆をつとめ、また政界でも活躍し、大正6年衆院議員に当選、1期つとめた。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新訂 政治家人名事典 明治~昭和

赤木 格堂
アカキ カクドウ

肩書
衆院議員,山陽新報主筆

本名
赤木 亀一(アカキ カメイチ)

生年月日
明治12年7月27日

出生地
岡山県児島郡

学歴
早稲田大学卒

経歴
早くから正岡子規を知り、明治31年頃から「日本」の俳句欄で活躍し、新進俳人として注目される一方、歌人としても認められた。子規没後はパリに留学し、植民政策を専攻。帰国後「九州日報」「山陽新報」などの主筆をつとめ、また政界でも活躍し、大正6年衆院議員に当選、1期つとめた。

没年月日
昭和23年12月1日

出典:日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
(C) 2003 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

赤木 格堂 (あかき かくどう)
生年月日:1879年7月27日
明治時代-昭和時代の俳人;歌人;政治家。衆議院議員
1948年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤木 格堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤木 格堂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.