Rakuten infoseek

辞書

赤木名城跡【あかぎなじょうあと】

国指定史跡ガイド

あかぎなじょうあと【赤木名城跡】

鹿児島県奄美市笠利町にある城跡奄美大島の北東部にある笠利湾を望む集落背後の丘陵上、標高約100mの通称・神山に所在する。奄美地域を代表する中世の城郭。城跡は北から南に張り出す丘陵尾根上に立地し、南北約300mで、奄美地域においては屈指の規模をもつ。城郭の縄張り、構造は、九州などの山城と類似。城域は標高100mの最高点を中心とし、曲輪(くるわ)、土塁、石積み、堀切り、竪堀(たてぼり)などの遺構が確認されている。南側には相対的に広い曲輪が展開し、その西側斜面には8段に及ぶ帯曲輪が連続する。この城跡からは、柱穴や土坑などの遺構と、11世紀から18世紀にかけての陶磁器が出土したが、城が広大に拡張したのは15世紀から17世紀初めごろと推定される。このころの奄美地方は、これまで琉球の影響が強いとみられていたが、琉球で14世紀ごろから発展した城郭の石垣がないこの城は、日本の影響をうかがわせる。この時期の琉球と日本・奄美との政治・軍事・経済的な関係を考えるうえできわめて重要とされ、2009年(平成21)に国の史跡に指定された。名瀬港から車で約45分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤木名城跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤木名城跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.