Rakuten infoseek

辞書

赤方偏移【せきほうへんい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

赤方偏移
せきほうへんい
red shift
観測されるスペクトル線波長本来の波長より長波長側にずれる現象光源が観測者から遠ざかりつつあるときにドップラー効果で赤方偏移が生じる。遠方銀河スペクトル線に観測される赤方偏移はわれわれの銀河から急速に遠ざかりつつあり,宇宙の膨張を示す。さらに一般相対性理論によれば,白色矮星のような高密度のの強い重力場から出る光も赤方偏移している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せきほう‐へんい〔セキハウ‐〕【赤方偏移】
遠ざかっている天体から来る光のスペクトル線の波長が、波長の長いほう、すなわち赤いほうにずれていること。ドップラー効果によって起こり、遠ざかる速度が大きいほど、ずれも大きい。レッドシフト。⇔青方偏移

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきほうへんい【赤方偏移 red shift】
赤色偏移またはレッドシフトともいい,スペクトル線の波長が,ある種の原因によって長波長側にずれることをいう。これと逆に短波長側にずれることを青方偏移blue shift(ブルーシフト)という。化学における例として,無極性溶媒中の溶質のスペクトルは溶媒の屈折率が増すと一般に長波長側にずれる現象がある(溶媒効果)。また分子吸収スペクトルは,その化学構造の変化に伴って長波長側にずれることがある(深色効果)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

赤方偏移
せきほうへんい
red shift
電磁波などの波の波長が、なんらかの原因で長くなること。可視光の波長が延びると赤くなるので赤方偏移とよんでいるが、それ以外の波長の波では、赤色とは直接の関係はない。赤方偏移の原因としては、ドップラー効果、強い重力場、宇宙膨張があり、それぞれドップラー赤方偏移、重力赤方偏移、宇宙論的赤方偏移とよんでいる。
 ドップラー赤方偏移は、波を出す波源が、観測者から遠ざかる方向に運動していたり、観測者が波源から遠ざかると生ずる。反対に波源が近づくと波長が短くなり青方偏移が生ずる。近づいてくる車のサイレン音が高く聞こえ、遠ざかる場合は低く聞こえるのはドップラー効果のためである。電磁波の場合、ドップラー効果は特殊相対論的効果として現れる。
 強い重力場中、たとえば中性子星の表面においては、時間の進み方が遅れるという一般相対論的効果がある。このため、強い重力場中の波源の振動は、外からみるとゆっくり振動してみえるので、波長が延びる。これが重力赤方偏移である。
 膨張宇宙では空間が延びる。そのため、空間中を伝わる波の波長も延びる。これが宇宙論的赤方偏移の原因である。遠方の銀河が発する光のスペクトル線が波長の長いほうにずれるのは、このためである。[松田卓也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せきほう‐へんい セキハウ‥【赤方偏移】
〘名〙 遠方の天体から来る光のスペクトル線が、通常の場合と比べて波長が長くなっていること。その天体が大きな速度で遠ざかっているか、非常に重い場合に起こる。前者は膨張宇宙論を生み、後者は一般相対性理論の検証となった。レッドシフト。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤方偏移」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤方偏移の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.