Rakuten infoseek

辞書

赤城県立公園【あかぎけんりつこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

赤城県立公園
あかぎけんりつこうえん
群馬県中部,赤城外輪山の内側にあり,湖沼森林渓谷などの自然景観をもつ公園。面積 12.90km2。 1935年指定。公園の中心は黒檜 (くろび) 山,駒ヶ岳,長七郎山,荒山,鈴ヶ岳,薬師岳などの外輪山に囲まれたカルデラ湖大沼 (おの) ,火口湖小沼 (この) 。中央火口丘には地蔵岳 (1674m) がある。新緑レンゲツツジ,夏のキャンプ,紅葉,スキー,スケートワカサギ釣りなど,四季を通じて観光客でにぎわう。大沼の南東岸に赤城神社がある。前橋から大沼湖畔の大洞まで白樺ラインが通り,地蔵岳頂上までロープウェーがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤城県立公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤城県立公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.