Rakuten infoseek

辞書

赤坂 小梅【アカサカ コウメ】

20世紀日本人名事典

赤坂 小梅
アカサカ コウメ

昭和期の芸者歌手



生年
明治39(1906)年4月20日

没年
平成4(1992)年1月17日

出身地
福岡県北九州市

本名
向山 コウメ(ムコウヤマ コウメ)

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和49年〕,勲四等宝冠章〔昭和55年〕,日本演歌大賞(第10回・演歌功労賞)〔昭和59年〕

経歴
16歳で芸者。昭和4年野口雨情らの紹介でビクターから「小倉節」を発売、以来、流行歌、端唄、舞踊小唄、民謡を次々と吹き込む。「黒田節」は民謡では最大のヒット作品。56年4月引退。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

赤坂 小梅
アカサカ コウメ

職業
芸者歌手

本名
向山 コウメ

生年月日
明治39年 4月20日

出身地
福岡県 田川郡川崎町

経歴
芸者となり、16歳から芸能活動を始める。昭和4年野口雨情らの紹介でビクターから「小倉節」を発売、以来、流行歌、端唄、舞踊小唄、民謡を次々と吹き込んだ。8年「ほんとにそうなら」がヒット。「黒田節」「おてもやん」「炭坑節」などを歌い、全国に紹介した。56年4月引退。没後、その生涯をたどったドキュメンタリー映画「小梅姐さん」が製作された。

受賞
紫綬褒章〔昭和49年〕,勲四等宝冠章〔昭和55年〕 日本演歌大賞(演歌功労賞 第10回)〔昭和59年〕

没年月日
平成4年 1月17日 (1992年)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤坂 小梅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤坂 小梅の関連情報

関連キーワード

プロボクシングの階級広島東洋カープクレメンス[アレクサンドリア]公孫氏政権リン酸アンモニウム漢の時代(年表)ムンバイ鉄道テロスペイン政変サパテロ政権H‐IIAロケット

他サービスで検索

「赤坂 小梅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.