Rakuten infoseek

辞書

赤の広場【あかのひろば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

赤の広場
あかのひろば
Krasnaya proshchad
ロシア,モスクワ中央部,クレムリンの北東側の城壁に面した広場。長さ 695m,平均幅 130m,面積7万 3000m2。 15世紀末にキタイ・ゴロドと呼ばれる商業地区ができたのを起源とする。 1571年に火事で店舗が焼失したため一時ポジャール (火事) と呼ばれたが,17世紀後半には整備され,古語で「美しい広場」を意味する現在の名称がつけられた。ステンカ・ラージンの処刑 (1671) ,ナポレオン襲来 (1812) ,革命軍 (赤軍) と白軍の闘争などを見守り,1924年にはレーニン廟が完成した。 1990年クレムリンとともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あか‐の‐ひろば【赤の広場】
Krasnaya ploshchad'Красная площадь》ロシア連邦の首都モスクワの中心部、クレムリンの北東側にある広場。15世紀末、モスクワ大公イワン3世がクレムリンを改築した際に広場として整備された。旧ソ連時代には毎年メーデーと革命記念日にパレードが行われた。レーニン廟聖ワシリー大聖堂、国立歴史博物館、グム百貨店、カザンの聖母聖堂がある。1990年、「モスクワのクレムリンと赤の広場」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。赤い広場クラスナヤ広場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

赤の広場
赤の広場は、ロシアの首都モスクワの都心部にある広場です。クレムリンの北東に位置しています。「赤」という名前は、社会主義を意味するのでも広場の地面が赤いからでもなく、ロシア古語の「美しい」から来ています。赤の広場はロシア革命などロシア史の様々なできごとの舞台となった場所で、旧ソ連時代には革命記念日などに軍事パレードが行われました。しかし政治体制が変わった現在はポール・マッカートニーがコンサートを行うなど商業的な利用もなされています。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界大百科事典 第2版

あかのひろば【赤の広場】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

あかのひろば【赤の広場】
モスクワ市のクレムリン宮殿の東側にある広場。レーニン廟びようがある。赤い広場。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

あかのひろば【赤の広場】
Red Square
ロシアの首都モスクワにある広場。クレムリン城壁の北東に広がるモスクワのシンボルといわれ、世界遺産に登録されている。世界を揺るがせた歴史的な出来事が何度となく発生し、広場の東に残る礎石(そせき)「ロブノエメスタ」には、義賊ステンカ・ラージンが17世紀末に処刑されたのをはじめ、何人もの反権力指導者が断罪された。1812年には皇帝ナポレオン率いるフランス軍が侵攻したが、あまりの寒さのために、最終的に引き返すことになった場所である。ロシア革命当時には、革命軍(赤軍)と反革命勢力(白軍)の戦闘が繰り広げられるなど、血なまぐさい歴史が繰り返された。◇「赤」は古代スラブ語で「美しい」という意味を持つ。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

赤の広場
あかのひろば
Красная площадь Krasnaya ploshchad'
ロシア連邦の首都モスクワの都心にある細長い広場。面積7万3000平方メートル。クレムリンの東にあり、17世紀に露天市(いち)を取り払って広場がつくられた。ロシア革命(1917)前は現在の面積の2分の1しかなかった。クレムリンの壁の前に、ロシア革命後の1920年代末、暗赤色の岩石でレーニン廟(びょう)がつくられて以後、この廟に詣(もう)でるロシア人や外国人の列が、クレムリンの西にあるアレクサンドル公園から、赤の広場の西端に立つ国立歴史博物館わきを通り、赤の広場へ延びる光景はソ連時代のモスクワの名物となっていた。現在では、かつてほどではないが、外国人や、土曜、日曜に地方から出てきた参拝者がみられる。クレムリンとともに1990年に世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産)。ソ連時代には5月1日のメーデー、11月7日の革命記念日には、この広場でパレードが行われたが、ソ連解体後は行われていない。[中村泰三・小俣利男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤の広場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤の広場の関連情報

他サービスで検索

「赤の広場」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.