Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

赤かび病【あかかびびょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

赤かび病
あかかびびょう

イネ、ムギ類その他穀類の穂、子実(しじつ)に発生する病気。病原は不完全世代(無性世代)がフザリウムFusarium属に属する数種の菌の寄生によっておこり、病斑(びょうはん)部に桃色ないし紅色のカビ(分生胞子の集団)を生ずるので、赤かび病とよばれる。とくにムギ類では出穂(しゅっすい)期から収穫期にかけて、降雨が続くと大発生することがあり、重要な病害となっている。病気にかかると、ムギの穂の一部または全部が褐色になって枯れ、枯れたもみがらの合せ目に沿って桃色のカビがみられる。ひどく侵されると、くずムギとなり、これを食用や家畜の飼料にすると、人や家畜が中毒をおこすことがある。この病気を防ぐには、雨期を避けるためできるだけ出穂の早い品種を栽培し、種子の消毒をするほか、出穂後に石灰硫黄(いおう)合剤などの薬剤を散布する。トウモロコシでもこの病気によって実入りが悪くなる。ダイズでは莢(さや)が侵される。いずれも収穫期に雨が続くと発生が多くなる。

[梶原敏宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤かび病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

赤かび病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.