Rakuten infoseek

辞書

【しち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しち
債権に対する優先弁済権を確保するための物的担保。日本法制史上は現行法上の質権に相当する占有質と,抵当に相当する無占有質との2つの概念を含む。律令には,前者に関する条規がみえ,また,奈良時代正倉院文書月借銭解などにおいて,すでに不動産について,無占有質の実例が見出される。中世法においては,占有質は入質 (いれじち) ,無占有質は差質 (さじち) と称される。動産の入質は,帰属質であり,鎌倉幕府法により,利息が元本の1倍をこえた場合には,流質となった。しかし,流質の期間は室町幕府法により緩和されている。不動産の入質は,その収益により利子を消却する利質と,元利を消却する元利消却質とがあった。しかし,室町幕府の永享 12 (1440) 年の法令により,この両者の区別はほとんど失われた。差質は,主として不動産について行われ,利息が元本の1倍となると流質となった。近世においては,入質は質入 (しちいれ) と称され,特に不動産中の田畑の質入れが重視された。田畑の質入れには,年期明け流地のもの,年期明け請戻しのもの,有合せ次第請戻しのものの3者があったが,幕府法により,いずれも 10年を限度として,10年を経過すれば流地となった。書入は,主として,不動産について行われ,債務不履行により流地となる書入,不履行の場合に質入に変更する書入,不履行の場合に,目的物を売却する書入の3種があった。なお,中世,近世を通じて質権の客体として人間があてられる場合もあり,それは占有質,無占有質の双方にわたって認められていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


しつ
性質」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しち【質】
約束を守る保証として相手に預けておくもの。「不足代金のとして時計を預ける」
質屋から金銭を借りるときに、保証として預けておくもの。また、その物品。質草。「着物をに入れる」「流れ」
質権またはその目的物となる質物。
人質。
「或いは又其の子を―に出(い)だして、野心の疑ひを散ず」〈太平記・九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しち【質】[漢字項目]
しつ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しつ【質】
そのものの良否・粗密・傾向などを決めることになる性質。実際の内容。「量より」「が落ちる」
生まれながらに持っている性格や才能。素質。資質。「天賦のに恵まれる」「蒲柳(ほりゅう)の
論理学で、判断が肯定判断か否定判断かということ。
物の本体。根本。本質。
「結合せるを―とし、流動するを気とす」〈暦象新書・中〉
飾りけのないこと。素朴なこと。
「古今集の歌よりは―なり」〈国歌八論・歌源〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しつ【質】[漢字項目]
[音]シツ(漢) シチ(呉) (呉)(漢) [訓]たち ただす
学習漢字]5年
〈シツ〉
ものを成り立たせている中身。「質量異質音質均質硬質材質実質水質等質特質品質物質変質本質木質良質
生まれつき。たち。「気質資質性質素質体質美質麗質
飾り気がない。「質実質素質朴
問いただす。「質疑質問
〈シチ〉約束のしるしとして相手に預けておくもの。抵当。「質草(しちぐさ)質権質屋(しちゃ)人質(ひとじち)
〈チ〉に同じ。「言質
[名のり]かた・さだ・すなお・ただ・ただし・み・もと
[難読]気質(かたぎ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たち【質】
生まれつきもっている性質や体質。資質。「辛抱強いだ」「日焼けしやすい
物事の性質。「いたずらにしてはが悪い」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち【質】[漢字項目]
しつ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

 諸種の用いられ方をする.例えば,食事タンパク質の質といえば栄養価をいい,食品の質といえばその市場価値などをいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しち【質】
一般に契約の保証物件をいう。古く《類聚名義抄》に〈ムカヘリ〉(《日本書紀》では〈ムカハリ〉)あるいは〈シロ〉の訓が与えられているように,質の原義は本物・本人に代わって本物・本人と同じ機能を果たすものの意である。その意味で身代(みのしろ)は質の原型の一つを示している。質権
[古代]
 律令法における質は,占有質と無占有質(こんにちの質と抵当)とを含んだものであり,また動産質と不動産質を区別していなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しつ【質】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しち【質】
金を借りる代わりに、保証として相手に預ける品物。
約束を実行する保証として相手に預けておくもの。
〘法〙 質権。または、質権の目的物たる質物のこと。
人質ひとじち。 「其子を-に出して野心の疑を散ず/太平記 9
[句項目] 質に入れる 質に置く 質に取る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しつ【質】
もちまえ。生まれつき。 「生得の-」 「おとなしい-のお玉にはこちらから恋をし掛けようと/雁 鷗外
内容の良否。価値。 「 -より量」
〘哲〙 事物についてさまざまに述べられる側面の一つで、ことに量に対するもの。「どのような」という問いに対応する事物の在り方。
〘論〙 判断が肯定判断か否定判断かということ。判断の質。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たち【質】
人の生まれつきの性質・体質。 「涙もろい-」 「蕁麻疹じんましんの出やすい-」
その事柄の性質。 「 -の悪いいたずら」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しち【質】
〘名〙
① 契約を履行する担保として物を預けること。またはその物。
(イ) 約束の保証として預け、違約のときの償いとするもの。
※竹取(9C末‐10C初)「もし、金(かね)給はぬ物ならば、彼衣のしち返したべ」
(ロ) 借金の担保として預けておくもの。借金のかた。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※虎明本狂言・吃(室町末‐近世初)「わらはがよめいりをした時、十二ひとえをきてまいりたるを、あのおとこが、酒手のしちにしはてて御ざる」
(ハ) 質屋から金を借りるための担保。また、担保として質屋に渡す物品。しちぐさ。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「そなたゆへにおきなくしたがくやしい。質(シチ)はさかさまにゃアながれ申さぬ」
② 人質。
※今昔(1120頃か)二五「此奴、糸哀れに此の質を免したり」
※太平記(14C後)九「或は又其子を質(シチ)に出して、野心の疑を散ず」
[語誌]中世までは、占有質(今日の質)と無占有質(抵当)との区別がなく、特に必要のあるとき、前者を「入質(いれじち)」、後者を「見質(みじち)」または「差質(さしじち)」と呼んだ。江戸時代には、田畑・家屋敷・家財・什宝・人身等の占有物件を抵当とする庶民金融が、質の主体となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しつ【質】
〘名〙
事物の成立するもと。物の本体。本質。根本。
※高野山文書‐永享二年(1430)正月一二日・大法師針海宝鏡寄進状「右件宝鏡者、弘法大師天照大神御対面之時、為仏法護持、忝奉大神之御質、皈本国、納御誕生院給」 〔礼記‐曲礼上〕
② ある物を形づくっている材料を、良否・粗密などその性質の面から見たもの。ある組織、団体の構成員などについてもいう。
※小学読本(1873)〈田中義廉〉四「今分子を含むこと多きものは、其質、密にして、其量大なり」
③ 生まれながらに備えている性格。うまれつき。
※弁名(1717)下「性者、生之質也」
④ かざりけのない性質。質素。また、素直。淳朴。
※新撰和歌(930‐934)序「抑夫上代之篇。義尤幽而文猶質」 〔論語‐雍也〕
⑤ まと。標的。
※菅家文草(900頃)五・弓「細月空驚質、清風自発声」 〔荀子‐勧学〕
⑥ 論理学で、命題を分類するのに、全称と特称という量の観点からの区別に対して、肯定と否定という区別の観点から見たものをいう。
※論理学(1916)〈速水滉〉一「判断を其の量及び質によって分類することはカントの分類に於けると同一である」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たち【質】
〘名〙
① 人が生まれながらに持っている性質や体質。資質。うまれつき。タイプ。また比喩的に、動物、植物、病気などについてもいう。性(しょう)
※浮世草子・好色貝合(1687)上「銭のかずよみて、袂の中でにぎりつめて、〈略〉あたたかなをもてくるたちなれば」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「ハイ僕なぞも、矢張因循家のたちで、あんまり肉食はせなんだが」
② 物の品質。物の種類。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「同じ糸織でも今の糸織とは、たちが違ひます」
③ 広く、物事の性質。「たちの悪い風邪」
由利旗江(1929‐30)〈岸田国士〉裏庭に開く潜戸「『性(タチ)』の悪い弥次を浴びせかけられた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

質の関連情報

他サービスで検索

「質」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.