Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

賦役【ブエキ】

デジタル大辞泉

ぶ‐えき【賦役】
《「ふえき」とも》
近代以前の社会で、農民が領主から課せられた労働と地代。
ぶやく(夫役)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふえき【賦役】
君主や領主への農民の負担が,現物貨幣の支払によるのではなく,生の労働の形で提供される場合,これを賦役という。
[ヨーロッパ]
 賦役は,英語でlabour service,ドイツ語でFrondienst,フランス語ではcorvéeという。前近代のヨーロッパの社会に広く存在するが,直接生産者の大多数が小経営を行う農民であった,中世の封建社会で典型的に現れ,領主制における主要な負担形態の一つとなる。封建領主による土地保有農民からの剰余労働収取を地代(封建地代)とする場合には,賦役は労働地代として,生産物地代貨幣地代と並ぶ前資本制地代の主要な一形態とされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶやく【賦役】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

賦役
ふえき
labour service 英語
Frondienst ドイツ語
corvée フランス語

西洋で10世紀前後の古典荘園(しょうえん)に顕著とされる地代形態。農民が荘園領主から農地を借りて保有(永代小作)する代償として、領主直営地で無償労働を強制されたもので、労働地代ともいう。毎週3日の賦役という事例がかなり多く、過酷な地代負担といわれる。しかしこの週賦役は農民保有地1フーフェ(10~15ヘクタール)当りの賦役量で、たとえば3分の1フーフェを保有する農民の賦役量は毎週1日、それ以下の小農民の負担はさらに小さかった。他方1フーフェを保有した富農は、数人ずつの奴隷を所有し、賦役の大部分を奴隷に代行させ、ただ1年に数日だけ、富農自身が奴隷1人と馬1頭とを連れて、直営地で犂耕(りこう)賦役に服したのみである。それゆえフーフェ保有農にとって週3日の賦役は、おのおのの家内労働力の10分の1程度の負担にすぎなかった。

 なおフランスの古典荘園では、大半がコロヌス(半自由人)身分の保有農であったが、その約半数と、奴隷身分保有農の全員とが、フーフェ当り週3日もしくはそれに相当する賦役を負担した。他方ドイツでは、古典荘園農民の半数以上が奴隷身分で、一様に週3日の賦役を課されたが、残る半自由身分保有農は、収穫の数%程度の生産物地代を主とし、賦役量は小さかった。さらにドイツでは古典荘園時代には、まだ荘園に属さない自由農民が多数残存したので、農村全体としては、週賦役負担者の比率は、フランスと大差ない。

 フランスでは11世紀以降の地代荘園で、賦役の比重はさらに減少し、生産物地代が優勢になった。ドイツでも13世紀以後のいわゆる地代荘園時代には、一般に賦役は減少した。しかしドイツで荘園領主権が裁判権と地代収取権とに分化し、裁判権所有者(領主)が租税の一種として毎週1日程度の賦役を徴収した事例もある。また東北ドイツでは、16世紀以後かえって賦役が優勢になり、とくに貧農の賦役負担が大きかった。19世紀前半プロイセンで行われた農業改革は、この賦役の有償廃棄を主眼とするものであった。

 イギリスでは13世紀ごろ、とくに南東部で賦役が顕著であったが、14世紀以後、貨幣地代に変えられた。

[橡川一朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

賦役
ふえき
①labour service
農奴が支払う労働地代
②中国歴代王朝の税制
農奴は領主の直営地での労働提供を経済外的強制によって要求された。週に2〜3日程度の労働であり,耕作だけでなく運搬・家畜の世話・建築・パン焼きなどあらゆる分野におよんだ。中世後半には生産物地代の比重が高まって徐々に廃止されたが,東北ドイツではグーツヘルシャフト(領主的大農場経営)として16世紀以後逆に強化された。
「賦」は田賦の意で田土を対象とし,おもに農業生産物を徴収する。また,「役」は役 (ようえき) ・力役 (りきえき) ともいわれ,人丁に対して課し,おもに直接労働の形で徴収する。制度的に完成したのは租庸調制度であるが,清代における地丁銀制の確立により,賦と役の二本立ては解消した。なお賦役は,力役のみをさす場合もある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賦役」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賦役の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.