Rakuten infoseek

辞書

【しょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しょう
報酬」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう〔シヤウ〕【賞】
功績をあげた者に与える褒美。また、そのしるし金品。「を受ける」「ノーベル」⇔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう【賞】[漢字項目]
[音]ショウ(シャウ)(呉)(漢) [訓]めでる ほめる
学習漢字]4年
功績・善行などをほめる。「賞賛賞辞賞揚激賞推賞嘆賞信賞必罰
功績・善行などに対して与えられる金品。ほうび。「賞金賞杯賞品賞与恩賞懸賞受賞授賞大賞特賞入賞副賞
すぐれた点を楽しみ味わう。「賞翫(しょうがん)賞味観賞鑑賞
[名のり]たか・たかし・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょう【賞】
人の功績に対して与えられるほうび。 「 -にはいる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう シャウ【賞】
〘名〙 功績に対して与えられる褒美(ほうび)。賞与。
※三代実録‐元慶八年(884)六月五日「朕聞定策之勲自古先録。又賞不月」
※平家(13C前)四「保元の合戦の時、御方にて先をかけたりしかども、させる賞にもあづからず」 〔史記‐商君〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐・す シャウ‥【賞】
〘他サ変〙 ⇒しょうする(賞)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐・する シャウ‥【賞】
〘他サ変〙 しゃう・す 〘他サ変〙 (「しょうずる」とも)
① 対象のもつ価値をほめる。もてはやす。賞賛する。また、目下の功績をたたえて褒賞する。
※大鏡(12C前)四「むねと射かへしたるものどもしるして、公家に奏せられたりしかば、みな賞せさせたまひき」
② 美しいものや趣のあるものを見て楽しむ。鑑賞する。
※中華若木詩抄(1520頃)中「花を賞してあそびしことも」
③ 中世の法律用語。ある事柄について、法律上の効力を認める。
※高野山文書‐建治二年(1276)六月五日・紀伊国阿氐河庄雑掌申状案「次於庄家押妨者、任傍例、賞知行、先可止地頭之妨由

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賞の関連情報

他サービスで検索

「賞」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.