Rakuten infoseek

辞書

賞勲局【ショウクンキョク】

デジタル大辞泉

しょうくん‐きょく〔シヤウクン‐〕【賞勲局】
勲位・勲章褒章など、栄典に関する事項をつかさどる官庁。明治9年(1876)設置。第二次大戦後、総理府賞勲部に改組、昭和39年(1964)総理府賞勲局となり、平成13年(2001)以降は内閣府賞勲局。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうくんきょく【賞勲局】
内閣府の一部局。勲位・勲章などの栄典に関する事項を扱う。1876年(明治9)正院に設置。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勲章・褒章がわかる事典

しょうくんきょく【賞勲局】
内閣府の内部部局の一つ。栄典制度の調査、研究、企画業務のほか、勲章褒章授与の審査など栄典事務を担当している。1876年(明治9)10月に賞勲事務局が太政官正院に設置され、同年12月賞勲局と改称。1885年に内閣制度が導入されると、翌1886年内閣に所属した。1929年(昭和4)には、賞勲局総裁が私設秘書とはかり、前年の叙勲に際して叙勲を望む実業家などから多額の賄賂(わいろ)を受け取った「売勲(ばいくん)事件」が発覚、世論の激しい批判を浴びた。第二次世界大戦後の1949年に総理府が設置されるとその賞勲部に改組され、1964年の生存者叙勲の再開に伴って総理府賞勲局に昇格した。その後、2001年(平成13)の中央省庁再編により、内閣府の管轄となった。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賞勲局」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賞勲局の関連情報

関連キーワード

[各個指定]芸能部門新藤兼人[各個指定]工芸技術部門おもなお雇い外国人アトリエ・ワン中平康キューブリックゴダール(Jean-Luc Godard)今村昌平井上ひさし

他サービスで検索

「賞勲局」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.