Rakuten infoseek

辞書

【シ】

デジタル大辞泉

し【資】
資本。資金。もとで。「を投じる」
材料。素材。「参考のに供する」
資質。素質。「果断のに富む人」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【資】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]もと たち たすける
学習漢字]5年
あることに役立てる金品。もとで。「資金資産資本学資巨資出資投資物資融資
もとになるもの。「資材資料
もちまえ。たち。「資格資質英資天資
たすける。「師資
「資本家」の略。「労資
[名のり]すけ・たすく・ただ・とし・やす・よし・より

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

し【資】
もとで。財貨や財産。 「 -を投ずる」
生まれつき、資質。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し【資】
〘名〙
① 生活や経営の資金、資本。もとで。財貨財産。貲(し)
※続日本紀‐和銅五年(712)一〇月乙丑「又令下二行旅人必齎銭為上レ資。因息重担之労。亦知銭之便
※貴嶺問答(1185‐90頃)九月二三日「於資貯者、北陸武士乱入京師之時、不一物奪取畢」 〔易経‐旅卦〕
② 物事を行なうときの材料。資料。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「左の一表を製出し、以て開化進歩の概綱を会了するの資に供するのみ」 〔老子‐二七〕
③ 生まれつき。素質。資性。天性。
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉三七「元来家に子を養ふて円満なりとは、両親打揃ひ健康無事にして智徳の資(シ)に乏しからず」 〔荀子‐性悪〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐・す【資】
〘自サ変〙 ⇒しする(資)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐・する【資】
〘自サ変〙 し・す 〘自サ変〙
① 資材・技術・頭脳・労力などを提供して、助けとする。役に立つ。
正法眼蔵(1231‐53)仏道「あやまりて外道を資せん」
国会法(1947)一三〇条「議員の調査研究に資するため」
② 資金を与える。費用を給する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

資の関連情報

他サービスで検索

「資」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.