Rakuten infoseek

辞書

資格【シカク】

デジタル大辞泉

し‐かく【資格】
あることを行うのに必要な、また、ふさわしい地位や立場。「理事の資格で出席する」
あることを行うために必要とされる条件。「税理士の資格を取る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)

資格
「これを取ったから内定がもらえる」という資格はありません。就活で重要なのは基本的には「資格より人物だ!」と思っていたほうがいいでしょう。これから資格を取りたいと思っている人は「なりたい仕事」に本当に役立つ資格はどういったものなのか考えてみましょう。志望する業界に関連する資格、たとえば旅行業界であれば「旅行業務取扱主任」や「ツアーコンダクター」、金融・保険関係なら「アナリスト」や「ファイナンシャル・プランナー」、不動産関係なら「宅地建物取扱主任者」、「インテリアコーディネーター」などの資格をとっていれば、面接で評価が高くなると思っていいでしょう。また、経理法務などの職種別採用で専門職を募集しているときは、資格を持っていればアピールポイントになります。面接の際には、何のためにその資格を取ったのか、その資格を仕事にどう活かすのか、きちんと話せるようにしておきましょう。「華道」や「茶道」など仕事とあまり関係のない資格でも、面接のネタとして使えるので、できる限り記入しておくといいでしょう。特に取得の難しい資格なら、「向上心がある」「頑張り屋である」など自分をPRする材料に使えます。

出典:マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-
Copyright Mainichi Communications Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しかく【資格】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しかく【資格】
あることをする場合の、その人の立場や地位。 個人の-で発言する どういう-で参加したのか
一定のことを行うために必要とされる条件や能力。 教員の-をとる 議員の-を失う -を欠く 受験-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐かく【資格】
〘名〙 ある事を行なうのに必要な、また、ふさわしい身分、地位、立場。また、必要とされる条件。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一一「到底(つまり)顧問官相当だな。どうも Advicer (助言者)の資格(シカク)だ」 〔新唐書‐選挙志〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資格」の用語解説はコトバンクが提供しています。

資格の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.