Rakuten infoseek

辞書

資本主義社会【しほんしゅぎしゃかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

資本主義社会
しほんしゅぎしゃかい
capitalistic society
経済,社会の歴史を生産関係を基準にして区分した場合の一段階で,私的所有社会的分業に立脚した資本主義的生産様式が支配的である社会。原理的にはすべての人間が自由で平等な資格を与えられ,経済はこのような人間の間の商品交換関係として処理される。しかしそのなかから資本の本源的蓄積と無産大衆成立に伴って生産手段の所有者と労働力を提供する直接生産者との分離が生じ,労働力という商品の売買によって,資本家と労働者との関係が生じる。つまり,労働者が一定時間資本家の指揮監督のもとに労働をするかわりに,資本家から一定の賃金を支払われるという契約関係で結びつけられている。こうして資本主義社会は,法のもとに平等で自由な人格前提としながら,人格そのものが商品化 (物化) することによって生じる階級関係を基本にしているところに特徴がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しほんしゅぎしゃかい【資本主義社会】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

資本主義社会
しほんしゅぎしゃかい
capitalist society
資本の蓄積のために生産が行われている社会であり、資本家階級と労働者階級という二大階級の対立のなかで、前者が支配している社会である。資本主義社会は、階級社会であるという点では、奴隷制社会、封建制社会と同じであるが、階級支配が経済外的強制によって行われるのではない点で、また支配が共同体に基礎を置いていない点で、これらの社会とは異なる。
 資本主義社会は、まず第一に商品生産者の社会である。各人は生産手段を私的に所有し、私的労働の産物である商品を相互に等価で交換する。この商品交換の面からみれば、資本主義社会は自由で平等な市民社会ということができる。商品交換は、強制によってではなく、自由意思によって行われる。また、交換において両者の立場は平等で、等価なものが交換されるのであり、暴力や脅しで他人のものを奪うことはできない。しかし、資本主義社会が商品生産者の社会一般とは異なるのは、その社会のなかに特殊な商品所持者が存在するからである。この特殊な商品とは労働力商品である。すなわち、自ら生産手段をもたず、売るべき他の商品をもたない者は、残された唯一の商品である労働力を売らざるをえない。商品としての労働力とは、その人のもっている労働する能力であり、買い手は、その労働能力を買って実際に労働させることができるのである。
 こうして、一方には、自分は直接には労働せずに、他人の労働力を買って労働をさせ、その労働の産物を商品として販売し、利潤を得る資本家が生まれ、他方では、労働力を売ったからには働くよりほかはない労働者が大量につくりだされ、商品生産者の社会は資本主義社会に転化することになる。労働者と資本家とは、労働力商品の売買においては対等であるが、売買が行われたあとでは対等ではない。労働者の労働は自由な私的労働ではなく、労働力の買い手である資本家による消費の過程にほかならず、その労働は資本の意思と計画のもとに置かれるのである。
 このように、資本主義社会にあっては、労働者は労働過程においてはその自由意思を奪われ、労働の成果は自分のものになるのではなく、資本家のものとなる。資本主義社会では交換における自由と平等が、生産の現物における強制と搾取とに結び付いている。[河村 望]
『K・マルクス著、向坂逸郎訳『資本論』全9冊(岩波文庫) ▽K・マルクス著、城塚登・田中吉六訳『経済学・哲学草稿』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資本主義社会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

資本主義社会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.