Rakuten infoseek

辞書

資料【シリョウ】

デジタル大辞泉

し‐りょう〔‐レウ〕【資料】
研究・調査基礎となる材料

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しりょう【資料】
あることをする上で、もととなる材料。特に、研究のためのデータ。 「 -収集」 〔英語 material の訳語。田口卯吉「日本開化小史」(1877~82年)にある〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐りょう ‥レウ【資料】
〘名〙
① それを使って何かをするための材料。特に、研究や調査などのもとになる材料。もと。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四「鎌倉時代の諸書中にも智慧を進むるの資料に至りては殆んど之を欠くと雖も」
② 資金。もとで。
※山城名跡巡行志(1754)三「右の伽藍建立は赤松円心、同則祐寄附資料

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

資料の関連情報

他サービスで検索

「資料」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.