Rakuten infoseek

辞書

【チン】

デジタル大辞泉

ちん【賃】
人や物を使用した代価として支払う金銭。また、働いた報酬として得る金銭。「借り」「手間

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちん【賃】[漢字項目]
[音]チン(慣)
学習漢字]6年
労働や物の提供に対して支払う金銭。報酬。代価。「賃金賃貸運賃工賃駄賃家賃労賃
[名のり]かぬ・とう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちん【賃】
人や物を使用した代償として支払う金銭。使用料。代金。 「借り-」
働いて得る報酬。賃金。 「運び-」 「 -仕事」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちん【賃】
〘名〙
① 人または物を使用して支払う金銭。使用料。また、働いて得る報酬。賃銀。「塗り賃」「借り賃」など。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※多聞院日記‐天正九年(1581)四月四日「や子ふきに惣のや子なわゆゐ申付之、賃七升にて来」
② 駄賃。特に、児童がおとなにいいつけられた用を足して、もらう金や食べ物。
※諸道具寄合ばなし(1830‐44)「孫の手がいうてゐる。わしには根からちんくれぬ」
③ 奈良・平安時代初期、諸国の口分田を班給した残りの公田(乗田)を農民に貸し付け、春の耕種前に収取する小作料。〔令義解(833)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賃の関連情報

他サービスで検索

「賃」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.