Rakuten infoseek

辞書

【ガ】

デジタル大辞泉

が【賀】
喜び祝うこと。祝い。「米寿の
勅撰(ちょくせん)和歌集の部立ての一。祝賀の歌をおさめる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

が【賀】[漢字項目]
[音](呉)
学習漢字]5年
喜びの言葉を述べて祝う。祝い。「賀宴賀詞賀正賀状慶賀参賀祝賀年賀
加賀(かが)国。「賀州
[名のり]いわう・しげ・のり・ます・よし・より

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

が【賀】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

が【賀】
喜び。ことほぐこと。 古稀こきの-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

が【賀】
〘名〙
① よろこび祝うこと。ことほぐこと。祝賀。特に長寿の祝いをいうことが多い。→賀の祝い
古今(905‐914)賀・三四七・詞書「仁和の御時僧正遍昭に七十の賀たまひける時の御哥」 〔後漢書‐礼儀志上〕
木の名。分類真南蛮(まなばん)。香味は甘苦辛。六十一種名香の一つ。足利義満秘蔵の香で、五十の御賀にいたという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

が‐・す【賀】
〘他サ変〙 ⇒がする(賀)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

が‐・する【賀】
〘他サ変〙 が・す 〘他サ変〙 めでたいことに対して、喜び気持を表わす。祝す。ことぶく。
※太平記(14C後)一八「四海静謐の事共賀(カ)し申して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.