Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

賀歌【がのうた】

日本大百科全書(ニッポニカ)

賀歌
がのうた

『古今和歌集』以下の勅撰(ちょくせん)和歌集の歌の分類の一つ。『古事記』『日本書紀』『万葉集』などの寿歌(ほぎうた)の系列を引き、長寿、繁栄をことほぐものである。賀歌の代表としては、『古今和歌集』賀歌の「わが君は千代に八千代にさざれ石の巌(いはほ)となりて苔(こけ)のむすまで」がある。四十賀(よそじのが)、五十賀(いそじのが)など長寿を祝う「算賀」の歌を中心に、御代(みよ)をことほぐ歌、家系の繁栄を願う歌、生誕、加冠など通過儀礼の歌などがある。『千載(せんざい)和歌集』で大嘗会(だいじょうえ)歌も賀歌に加えられ、以後、これが先例となる。屏風歌(びょうぶうた)として詠まれたものも多い。賀歌は祝言を述べるという制約があり、場面に従う即興性も求められるので、題材も限られやすく、それだけに、高い技量が求められた。

[新井栄蔵]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

が‐か【賀歌】
賀の歌」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

が‐か【賀歌】
〘名〙 =が(賀)の歌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賀歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

賀歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.