Rakuten infoseek

辞書

貿易風【ぼうえきふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

貿易風
ぼうえきふう
trade wind
亜熱帯高圧帯から赤道低圧帯に向かって吹く対流圏下層の偏東風北半球では北東貿易風,南半球では南東貿易風と呼ばれる定常的に吹く風である。古くは恒信風と呼ばれていた。両半球とも 5°~30°付近の海洋上で卓越している。この風の上層には反対貿易風が吹いており,ハドレー循環を形成して,地球の低緯度における熱や水蒸気量などを北へ運ぶ南北交換の役割を担っている。ほぼ定常的に吹くため帆船時代の貿易に利用されるなどしたが,近年の観測によると変動も大きく,エルニーニョ現象やラニーニャ現象の誘因にあげられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼうえき‐ふう【貿易風】
緯度30度付近にある亜熱帯高気圧帯から赤道に向かって吹く、ほぼ定常的な偏東風。北半球では北東の風、南半球では南東の風となり、海洋上で特に顕著。恒信風(こうしんふう)。
[補説]名称は英語trade windの訳。原義は「通り道の風」で、帆船時代、常に同じ海路をとれるほど一方向から吹く風であることから名付けられたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼうえきふう【貿易風 trade wind】
緯度30゜付近にある亜熱帯高圧帯から西向きの成分をもって赤道に向かって吹くほぼ定常的な風で熱帯東風とも呼ばれている。北半球では北東の風,南半球では南東の風となっている。緯度30゜から5゜くらいの低緯度地方の地表において観測されるが,とくに海洋上で卓越する。貿易風帯では一般に下降気流が卓越するため,2~3kmの高度に気温の逆転層が現れ,これより上では大気は乾燥している。この逆転は亜熱帯高気圧の南東部で顕著で,南西部は南東部ほどではない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼうえきふう【貿易風】
熱帯地方に卓越する、北半球では北東風、南半球では南東風のほぼ定常的な気流。特に洋上において発達し、この海域では通常晴天のことが多い。恒信風。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

貿易風
ぼうえきふう
熱帯に定常的に存在する偏東風。熱帯東風ともいう。地表面付近では亜熱帯高気圧から赤道低圧帯に向かって吹き込み、北半球では北東貿易風、南半球では南東貿易風となっており、とくに海洋上で顕著に卓越する。貿易風系は南北方向の鉛直面で、赤道近傍で上昇し亜熱帯高気圧圏内で下降する大規模な対流を形成しており、これを貿易風循環、またはこの循環の本質を明らかにしたイギリスのハドレーG. Hadley(1685―1744)の名をとってハドレー循環という。貿易風の層は厚く8~10キロメートルまたはそれ以上に及ぶ。地表面近くの貿易風下層流(貿易風の呼び名を、この下層の風にだけ特定して用いることも多い)は比較的冷たく湿潤で、その上に高温乾燥の貿易風上層流が存在し、その境界の2~3キロの高さに貿易風逆転とよばれる気温の逆転層がある。この構造はとくに亜熱帯高気圧の南東部で顕著である。貿易風の吹く海上で発生する積雲は、この逆転層に上限を抑えられ、ほぼ同じ大きさで比較的規則正しく群立して、独特の景観を形成する。これを貿易風積雲という。なお、貿易風という呼び名は、英語のtrade windの訳語であるが、tradeの原義は「通り道」であり、帆船時代に海上航路を可能にする、ほぼ一定の方向から吹く風の意味で、そのようによばれたものとされている。[倉嶋 厚]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼうえき‐ふう【貿易風】
〘名〙 (trade wind の訳語) 中緯度高圧帯から、赤道低圧帯に向かって吹く大規模な東寄りの風。風向は地球の自転によって北半球では北東、南半球では南東となる。昔、貿易船がこの風を利用したところからの名称。恒風。恒信風。熱帯東風。〔博物新編訳解(1868‐70)〕
[語誌]明治初期には「定風」や「恒信風」が優勢だったが、その後、英学の興隆とともに「貿易風」が主流になる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貿易風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貿易風の関連情報

他サービスで検索

「貿易風」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.